teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


映画とか・・・

 投稿者:和泉  投稿日:2013年 9月 1日(日)10時52分14秒
  ご無沙汰しております。

先日、Leos Carax の「HOLY MOTORS」を世田谷の映画館で見ました。何だか解らないけれど印象的でした。何人もの人物に変貌する主人公が、(1) 途中でメルドに変身し、車の中で幕の内弁当を食べたり、(2) 街を綺麗綺麗に撮らずに、上空から墓場まで撮り、墓場にいたモデルを主人公が誘拐・・・でも最後の画面は宗教画のようになって・・・など。「これっていったいどうよ?」が実感でしたが面白かったです。

前作の「POLA X」は YouTube では仏語の上に露語が重なっており、チンプンカンプンで、途中までしか見ていません。原作はメルヴィルなので、そちらの方を読みたいと思っています。

「レ・ミゼラブル」の映画化も見ました。最初は原作とイメージが違って「あれれ?」という感じでしたが、まったく別バージョンと考えて、画面の構図、色彩がとても良いと思いました。音楽は crooning って感じがしました。ジャック・ブレルとか、フランソワーズ・アルディとか・・・私の頭が古いのか?原文はコゼットのところで止まっていて全然進みません。

それ以前に聖書が・・・。日本語のもワケ解らんのですが、「福音」は Good News、Gospel、Glad Tidings...う~ん。それに「義」ですか、right、righteousness これも理解できません。strong も意味がどの範囲なんだか・・・。いつまで経っても入口です。
 
 

翻訳に関して

 投稿者:ウラヌス  投稿日:2013年 6月23日(日)21時38分37秒
  先生も翻訳の文章はぎこちないと感じていらっしゃるようですけど、私も同感です。実は私が時間がかかっても原書を読みたいのは、翻訳文が好きになれないからです。どうも名画の下手な複製のような気がするのです。フランス語の文章はそれにしてもキレがよく明快だと思います。  

早速の回答ありがとうございます

 投稿者:ウラヌス  投稿日:2013年 6月23日(日)21時07分29秒
  非常に詳しい回答を早速書いて下さったことに感謝します。先生の回答を見て思ったのは、たとえば、現代思想なら日本語でその分野の知識や理解を高めることが、当たり前ですけど、フランス語でこれらの書物を読むのに便利になるということを再確認しました。私は日本語であまり思想とか哲学の書物を読まないので。現代思想のものではフランス語のほうが明快なのは確かに思われます。たとえば、フーコーは難解そうな気がして敬遠してましたけど、読むと、一文が短く、簡潔なのが印象深いです。ただ文学の場合はどういう単語が特に出てくるという訳でもないので、その点が難しいように思います。ちなみに私は紙の辞書を使います。


 

ウラヌスさまへ

 投稿者:sekko  投稿日:2013年 6月23日(日)20時19分25秒
  ご愛読ありがとうございます。

フランス語を読む速度ですが、もちろんある程度の単語力は必要ですが、後は、読む本の内容によると思います。自分の興味のある分野、日本語でも類似のものを読んだことのある分野と、全く専門外のものとは比較できません。

得意分野や軽い読み物(総合雑誌の記事とか)なら、分からない単語があってもある程度読みとばしていくといいと思います。

分からない単語がある度に、その行の横に一応しるしをつけておいて、それが何度も出てくるような言葉だとか重要な言葉だったと分かった時には、少し後でまとめてチェックすればいいと思います。

一見知らないと思う言葉でも、字面をよく見れば、日本語で漢字を見ればなんとなく意味が分かるように、語根や接頭接尾語で類推できることも多いです。

後、フランス語は、基本的にセンテンスが短いほどエレガントだと見なされている言葉です。関係代名詞がずらずらと続くようなものは、悪文か、英語などの翻訳か、確信を持ったスタイルかです。

学者の中には日本人でもそうですがわざともってまわったような文を書く人もいます。そういうのはスルーした方がいいです。
私も最初の頃は、なかなか意味のとれない文を読むと、自分がフランス語力が足りないせいかと思ったことがありますが、今は、興味のある分野でおもしろそうなことを書いているはずなのに悪文というものにぶち当たると時間の無駄なので結論部分しか読みません。

私は日本語を読むスピードは平均よりかなり速いですが、日本語にも悪文はあるし、特に翻訳文には分かりにくいものが多いと痛感しています。

もちろん、日本語でも自分の知らない分野の専門書は読みにくいですが、逆に、フランス思想系の本などは、昔、日本語訳で読んでえらく難解だったものが、後にフランス語で読んだらすっきり明快というケースの方が多かったです。

昔は、パリマッチなどの大衆誌を読む速度は日本の週刊誌を読む速度と変わらないことが分かって、今は、自分の守備範囲のものなら日本語と同じくらいの速度で、つまり、普通のフランス人より速く読めます。

ただし、東洋史東洋文化ものや科学読み物はほとんどすべて日本語で読みます。中国語の固有名詞がアルファベットでたくさん出てくると、イメージが湧かずにギブアップです。

また、ある時、非常に興味ある分野の生物学の本をわくわくしながら読み始めましたら、自分が「drosophileショウジョウバエ」というフランス語すら知らなかったことに気がついたことがあります。よく考えたらショウジョウバエがどんなものなのかだって、よく知らないのですが、日本語で読むと「実験に使うハエ」という認識だけですらすら読めるのに、知らないフランス語だと何か大切なキーワードのような気がして…。

動物植物、地理学、化学、物理学、数学系の語彙も少ないので、やはり基礎語彙なら高校卒業までに全部習った日本語で読むことにしています。でも、その内容がおもしろかった時にそれをフランス人に披露しようとするとやはり語彙が貧弱なので困りますが。

音楽学の本はフランス語の方がずっと速く読めます。日本語で「変ロ短調」とか言われてもフランス語に訳さないと音楽のイメージが全く湧きません。

私の場合、英語も、得意分野のものなら辞書をひかずに、というか頭の中で翻訳せずに読めますが、小説などでは、原文が悪文なのか自分の語学力不足なのかの判断がつかないことが多くて時間のロスなので、ミステリー、SF、科学ものは、すべて日本語訳で読むことにしています。評価の定まった文学作品や詩などは又別枠ですが。

ギリシャ語ラテン語なども、時間をかけて読むよりも、フランス語訳なら信頼できる訳本かどうかを判断できるので、ピンポイントで原文に当たる時に理解できる程度でいいと今は割りきっています。大学ではドイツ語が英語の次の第二外国語で、中国語やスペイン語やペルシャ語も何年か習っていましたが、今やギリシャ語(荒井献先生に習いました)やラテン語(アテネ・フランセに通いました)と同じお客さま扱いです。

というのも、平均よりも、書くスピードも読むスピードも速いはずの自分が、年ごとに増える情報量の前で、今「読みたい」と思っている本「書きたい」と思っている本ですら、残りの人生で読んだり書いたりできるかどうか分からないことが実感できるので、欲張りや高望みはやめたのです。

翻訳の充実という点だけでも、日本語とフランス語を同じレベルで読めることには感謝しています。

長々と書きましたが、言いたいことは、

1.テキストの吟味と選択、

2.日本語とか外国語に関わらず一般的な読解力の向上と守備範囲の自覚、

のふたつが基礎になるということです。

私はいわゆる翻訳をする時以外は、ほとんど仏和辞書は使いませんし、使う時もたいていは、日本語でなんと言えるのかを知りたいだけで、いわゆる「意味」はすでに分かっているものが多いです。意味のわからないものは仏仏辞書で検索します。

でもごくたまに知らない単語の意味を知るために紙の仏和辞書を繰っている時、すごくわくわくします。その単語はずっと前からそこにあって、見てもらえることをずっと待っているのだ、運命の出会い、でもアルファベットをたどっていったら絶対に出会える、そこにあるという信頼感に満たされて嬉しくなります。それを見出した時には辞書の編集に携わった人々の息遣いまで感じます。

特に19世紀あたりの耽美的なテキストにある単語はけっこう出ていますから。先人の苦労に感謝、です。

逆に、私のもっている40年くらい前の仏和辞書には今風の言葉や専門語はあまりないので「出会えない」ことの方が多く、だからほとんど使わなくなっているのですけれど。

ウラヌスさまの引かれるのが電子辞書か紙の辞書かは知りませんが、言葉の意味を調べるという、フランス語と日本語が出会う刺激的な場面に出会えるのだと思えば、たとえ読書のスピードが上がらなくても、リッチな時間を過ごされると思いますよ。

http://setukotakeshita.com/

 

フランス語の読解力向上について

 投稿者:ウラヌス  投稿日:2013年 6月23日(日)17時27分10秒
  竹下先生、はじめまして。先生の著作に興味があり、ブログも読ませていただくようになりました。フランス語の学習方法で質問ですが、私はフランスの文学や思想に関心があるので、原書で読んでいます。今のところフーコーが辞書を引きながら一時間に6ページくらい、小説なら18、19世紀のものでおおよそ一時間に5ページから6ページくらい読めるのですが、更に読解力を高めるには、たとえば一時間に6ページを10ページくらい読めるようになるにはどのように勉強すべきでしょうか?中級以上の学習方法がわかりづらいので質問します。  

ららばいさんへ ベビーカーについて

 投稿者:sekko  投稿日:2012年 9月 8日(土)18時41分24秒
  サイトのメールを通じて「ららばいさん」から次のような質問を受けました。
ここで答えさせてもらいます。

「(・・・・)日本でベビーカー論争というものがあります。
女性の中でも意見が分かれています。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120713/trd12071308070000-n1.htm

フランスは出生率が高くて共稼ぎ率も多いと思いますが、電車の中のベビーカーのマナーなどが問題になることはありますか(・・・・)」


私はいわゆる通勤時間に公共交通手段を使わないのですが、電車やメトロでベビーカーはよく見かけます。個人的には迷惑だなあと思うこともあります。
でもベビーカーよりも、小さい子供たちがそばでわいわいやっている方が、本とか読めなくて迷惑です。小学生を平日に美術館に連れだしたりする学校も多いので、そういうグループといっしょになった時の方がうるさいですが、まあ観察も好きなので。

ベビーカーですが、昔から日本のベビーカーって大きいなあ、って思ってたんですよ。それがさらに大型化しているみたいですね。日本のテクニックがあれば軽くて機能的な場所も取らなくて安全なものが出てきてもよさそうなのに、少子化でマーケットが少ないのでしょうか。

フランスでも、ベビーカーは大型化しているような気がします。こちらは双子も多いし、また複数の赤ちゃんの世話をするベビーシッターや民間(といっても資格をもつ)の保母さんで複数の子を預かる人も少なくないので、二人用のベビーカー(横に長い形と縦に長い形と二種類)を押してる人もく見かけます。

でも駅とか階段ではほぼ確実に、誰かが手伝って支えてくれます。階段が複数ある場所では最初に手伝った人がそのまま最後まで付き合うので、はじめは家族かと思っていたら、階段部分が終わったら去っていくのも見ます。

いろんな人がいる時は、自然に若い男、若くない男、若い女、若くない女の順番で手伝う人が現れる感じです。私も昔は手伝うこともありましたが、今は重そうなベビーカーに手を貸す自信がないし、たいてい他の誰かが手伝います。

私ならちょっと距離を取っておきたいと思ってしまいそうな「タトゥーだらけの若者」とか、「薄汚い感じのおじさん」とかでも、ごく当たり前に手助けしてます。
そういうのを見ると、自分の偏見が恥ずかしいです。前に駅の改札で私の前に割り込むように走ってきた若者のグループがいたのでやり過ごそうと思ってわざとゆっくりと歩くことにしたら、そのグループの最後の男が、律義にドア式の改札を抑えて待っていてくれたことがあります。

ベビーカーで階段にさしかかった時に周りに人が少ない時は、堂々と頼むおかあさんもいますが、みんな大人しく手伝います。

 なんというか、フランスで暮らすようになった人はすぐに気づきますが、フランスと日本では、丁寧なところ親切なところ、怒るツボ、とかがかなりずれているんですよ。

電車の中とかでベビーカーをたたむというのはもちろん見たことがありません。

勤務先に託児所があって子連れ通勤を強いられるケースもありますが、収入が低いとか勤務先が遠いとかならば優先的に、しかも非常に安く徒歩圏内の公立保育園に受け入れてもらえます。フランスでは学校教育もそうですが、未成年に関してはなにかと「社会主義」っぽい政策なので、まああれなら出生率が上がっても不思議じゃないとも思います。

電車の中でベビーカーで場所をとって遠慮してない人がそばにいる場合、その時たまたま疲れている人が迷惑だと思うことは自然かもしれませんが、その場の快適さよりももっと長いスパンで考えれば、私はやっぱり赤ん坊や子供や若者がいる光景からは力をもらえるような気がします。

いただいたリンク先の「討論」では、私は西舘さん側に近い世代ですが、いわゆる「戦中」生まれの彼女とはどこか亀裂があるのかもしれません。

「赤ちゃんを育てる一時期だけは、楽したり、おしゃれをするといった考えは捨ててみてはどうか。/
女性の劣化を感じる。/
今一度、育児の『伝承』を取り戻さねばならない/」

とか、おんぶの称揚には違和感があります。

でもフランス人で彼女くらいの年の人がこんなこというのは想像がつきません。思っている人はいるかもしれないけれど、口に出したらバッシングされるような気がします。

とりあえずこんなところで・・・

http://setukotakeshita.com/

 

フランスの占い

 投稿者:sekko  投稿日:2012年 9月 3日(月)05時23分54秒
  日本では占いがブームなんですか?

今特にというわけではなくて、もうだいぶ前からサブカルチャーとして定着しているのでは?  まあ東日本大震災以来、お守りグッズの売れ行きが伸びたというのは聞いているので、次の地震とか放射能への不安などは影響しているのかとも思っていました。

こちらではそんなに変化はありません。

ホロスコープなどは昔から雑誌や新聞のコーナーにはありますし、一部の政治家やビジネスマンが占星術師におうかがいをたてる話も昔から時々話題になります。私は『ノストラダムスの生涯』『さよならノストラダムス』などの本でフランスの占いや予言について書いたことがあります。

メジャーの宗教のカトリックはもともと占い系を禁じているので、日本人が初詣しておみくじを引く、というタイプの習慣はありません。反宗教の人や無神論の人などは占いも受けつけない人が多いです。

霊能者などを集めるサロンなどはあります。最近はオカルトとエコロジーが渾然一体になっているようなテイストのシーンでタロットや水晶球占いなどが登場することもあります。そういうところに来る人は禅とか瞑想とか自然食に惹かれる人とどんどん重なるみたいで、一昔前のニューエイジ系がエコロジー化した曖昧ゾーンに占いも入っているような気がします。

カルト宗教の規制は日本よりは厳しいし、平均的フランス人は日本人よりケチなので、困っている人が大金を出して占い師にはまるというケースは少ないと思います。

私は情報収集と好奇心のために定期的にそういうサロンなどにも顔を出していますが、少なくとも、フランス人で私のリアルの知り合いのうちに、雑誌のホロスコープに目を通す以上に占いに興味を持っている人は皆無です。フランス在住の日本人の知り合いにはいます。宗教や歴史に影響された国民性というのはあると感じます。

http://setukotakeshita.com/

 

占いの流行

 投稿者:エトワール  投稿日:2012年 9月 2日(日)13時32分8秒
   日本では、今、大変な占いブームで、タロット、西洋占星術、四柱推命などが流行しています。多くの新聞・雑誌などには、毎日、太陽星座占いなどの占いが掲載されています。フランスでは、タロットなどの占いは、流行していますでしょうか。有力な政治家、芸能人、小説家などで、占い好きな方などいるものでしょうか。フランスの占い事情について、お教えください。よろしくお願いいたします。

 

マッカートニー

 投稿者:sekko  投稿日:2012年 8月12日(日)02時17分19秒
  マッカートニーって名はむしろスコットランド系です。アイルランドはオニールとかオブライエンとか「O'…」みたいなのが有名でしょうか。

ちなみに彼は、14歳で亡くしたおかあさんMaryがカトリック(おとうさんはプロテスタントで後に不可知論者)で、生まれた時にカトリックで受洗してますが、宗教教育は受けなかったそうです。
ジョン・レノンとかリンゴ・スターがアングリカンでジョージ・ハリスンがカトリック家庭出身だそうです。アングリカンもカトリックも聖母マリアへの思い入れは似てるので「Let it be」とかキリスト教カルチャーにインスパイアされているのは不思議じゃないと思います。


http://setukotakeshita.com/

 

そうですか

 投稿者:迷える大羊  投稿日:2012年 8月10日(金)21時46分58秒
   フランスのロック、単に私が知らないだけだったみたいですね。思うに、今の世界のポップミュージックの動向を支配しているのは、やはりアメリカ市場で、そこで成功したか否かが「世界的」になる、ならないの分岐点なんでしょうね。

 ただ、このアメリカ市場、外国人には非常に「閉鎖的」で、英語で歌わないとまずダメ、アメリカ人にとって最も身近な外国であり、英語圏の英国のアーチストですら、60年代にビートルズが成功するまでは全く相手にされなかった、みたいで。
 だからこそ、非英語圏、それもアジア圏の坂本九の「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」のビルボードチャートベストテン入り、とか最近だと初音ミク(人間じゃないけど)のライブ成功が「快挙」だったりするわけですが・・。もっとも、今はネットがあるから、そうでもないですかね?

 フランスのロックミュージシャンが世界的にさほど有名になっていないのは、アメリカ市場で成功しているアーチストがあまりいないから、と思うのですが、どうなんでしょう?
 もっとも、日本のグループもそうですが、フランスのミュージシャンたちも「国内市場」「ヨーロッパ市場」で十分間に合っているから気にしてないでしょうけども。

 ところで、別に質問、というほどの話でもありませんが、ビートルズ、というよりポール・マッカートニー氏の有名曲に「LET IT BE」という、教会で流れてもおかしくないような、えらくキリスト教的、というかカトリック的な曲がありますが、彼本人はともかく、彼の実家はカトリックだったのかな?って考えてしまいました。
 「マッカートニー」なんてモロにアイルランド系の名前ですし・・。
 

レンタル掲示板
/43