新着順:3/571 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コガタの行動は

 投稿者:ハッチ  投稿日:2017年10月11日(水)19時03分9秒
  通報 編集済
  こちらこそ初めまして
大変に勇気と好奇心と生き物に対する愛情の強さが伺われます 凄く関心と親近感を受けました。

さて、コガタスズの行動ですが、根本的にスズメバチの全ては昆虫ですので感情も想いも無い事は
当然ですが、ある程度は学習して行動を行い、その積み重ねによってはある程度の個性的な行動を
見る事も出来ます。
ただ、そんな彼女達の寿命はとても短命でして、夏産まれの平均寿命は約3週間 秋産まれの場合
でも約4週間と短命ですので個々の働き蜂との個人的な付き合いも、あっと言う間に終わってしま
う事は残念で無念で可愛そうですね。

ところで本題ですが、スズメバチの仲間はとても視力が劣っていて、その為、幹に与えた蜂蜜や
手に持った蜂蜜を餌と確認、認識する為にはどうしても至近距離に近寄らなければ決して安心し
て降りたりつかまったりする事が出来ないのです。 ですからこそ決して偵察して餌場荒らしの
確認や判断を行っている行動ではありませんので御理解してやって下さい。

先ずは、視力では無くて必ず匂いに感知して蜜に近寄って来ます、次に匂いの元を確認する為に
至近距離まで近寄ってから安心できると初めて着陸します。
その間に私達人間が手を動かしたり体を動かすとハチは当然警戒して直ぐには近寄る事は有りま
せん。
つまり、この行動はチョウやトンボ等と全く同様の行動でして、全ての生物は人間に対して特に
警戒心を持つ事は当たり前ですよね、だからスズメバチでも全く一緒で、人間には特に警戒心を
持つ事は当然ですので余り心配する事はありませんよ、全ての野生生物に対してこちらが愛情を
示してやれば、必ず必ず必ず野生生物だって答えてくれると信じてます。

例えば野生のキジバトを例に、毎日毎日こちらから声をかけてやると必ず何れは警戒心を解いて
手から餌を食べるようになります ※私の実践です

私は全ての自然と全ての野生生物を愛してます これからも愛し続けたいです


 
》記事一覧表示

新着順:3/571 《前のページ | 次のページ》
/571