投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


このオオスズメバチは

 投稿者:ハッチ  投稿日:2017年 9月 4日(月)16時26分39秒
  度々詳細な情報や画像を送って頂いてありがとうございます とても状況判断が出来易くて助かります。

さて、この度の画像と説明から判断できる事は、営巣の可能性が更に低いと言う事です
この時期の巣の内部では巣の最盛期で有り、戻り蜂の殆どが口に大きな巣材の塊や肉団子を咥え
て巣に戻って来る事が普通です 例え、口に物体を咥えて戻って来ない場合でも腹部が大きく
膨らみ、お腹を下げながら巣に戻って来る事も普通なのですが、画像の蜂はとても軽そうに見え
ますし、巣に戻る時の姿勢でもありませんねえ。

このまま毎日観察している内に、例えば1週間後に蜂の数が明らかに減少したとすれば間違い
無く営巣はしていません 逆に営巣が有れば必ず出入りするハチの数は明らかに10月に掛けて
増えていきますので、最終的にも後日1週間もすれば結論が目に見えると考えますね。

 

今日は少し意識された気がします

 投稿者:ほっけ  投稿日:2017年 9月 4日(月)15時25分0秒
  こんにちは。少し観察しましたが肉だんご持った個体は穴に入る個体も出て行く個体もゼロでした。

一枚目と二枚目は別個体です。穴に着陸する直前なのですが肉だんごは咥えていません。

三枚目は穴から出てきた個体ですが、やはり何も咥えていないです。

また、出入りはわずかですが昨日の投稿の一枚目の写真の引っかかった古いホースの右側にも穴があり、蜂の出入りが確認できました。

出てくる蜂を見ると入り口で猫が顔を洗うようなしぐさをよくしていました。

全体の数の増減は感じませんが、今日は少しだけ気が立っている雰囲気がありまして、少しだけ蜂と目があう感じがしました。あくまで感覚なので気のせいかもしれません。

過去にミツバチが営巣していたのは数年前の話で今年は確認していないのですが(今年営巣していなかったとは断言できません)中に大量にハチミツが残っていて絶好の補給地点になっているということでしょうか……

写真が撮れるのはいいですが、狙える角度は決まってるので変わった図は撮れず巣立ちが見れないのならちょっとつまんないです(笑)
 

再びありがとうございます

 投稿者:ほっけ  投稿日:2017年 9月 3日(日)21時48分46秒
  ありがとうございます。

私も書物で読みかじった知識とあまりにかけ離れた場所なのでミツバチがまた営巣して襲われていると最初に考えたのですが……
ここ三日観察した限りずっと同じようにかなりの数が出入りしているんですよね。
数日に渡ってこの数が滞留するのも良くある光景なんでしょうか?

一時的なものであれば近隣に気を使う必要ありませんので安心です(笑)

気づいたのが1日なので現在三日間観察していますが見た感じ飛び立つ蜂ももどってくる蜂も手ぶらなんですよね……
明日はカメラだけでなく双眼鏡持って観察してみます。
もし何か咥えた蜂を見つけたら撮影してみますね。

蚊にたかられる割にオオスズメバチが飛び回ってるので殺虫剤などが使えないのが辛いです(笑)
 

んっつ?オオスズメバチの真相

 投稿者:ハッチ  投稿日:2017年 9月 3日(日)21時32分15秒
  この新たな画像と詳細な解説から想定すると何やらこれは巣ではありませんねえ!?
以前ミツバチの巣が? どう見ても又、文面から考えてもこれは蜜蜂の巣跡か他種のスズメバチの巣が
在って、それを襲いにか?残留する蜜の匂いに誘われて集合フェロモンを発して仲間を呼び寄せた
可能性が強く疑われます もしもこの距離で営巣が確認された場合ですと既に警戒する働き蜂により
刺されていた可能性の方が大です 私でもこの距離ですと決して近寄る事はありません!
オオスズメバチに限っては、このような場面は非常に多く確認されるいわゆる良くある光景です
一度真相を確認される事をお勧め致します。

その判定は簡単に出来ます 先ずは戻って来るハチを観察します 何かを口に咥えて戻る蜂が数匹
確認できた場合は明らかに営巣しています
逆に穴から出て行くハチが何かを口に咥えて飛び去る姿が確認される場合は巣は存在しません
明日にでも昼間に確認すると良いですよ。

 

スズメバチ雄を飼育したいが捕まえるのが困難

 投稿者:S・Rメール  投稿日:2017年 9月 3日(日)20時46分41秒
  スズメバチの雄を飼育したいのですが、草原でオスメス見分けるのが難しく近ずくことさえ難しくて雄の飼育したいのですがこのサイトで販売してもらえませんか?  

お返事ありがとうございます

 投稿者:ほっけ  投稿日:2017年 9月 3日(日)20時39分36秒
  ありがとうございます。

このような条件の場所に営巣したので入り口正面に立つことは不可能です。
また、コンクリートで固めた駐車場の下のため振動が伝わることもありません。
巣に気づいたのは先日ですが車を出し入れしても蜂が増えた印象はありませんでした。

先日洗車をしようと(この崖の下に水栓があります)ホースを下に投げて巣の直上、画像で示した黄色のあたりに足を置いたとき足のまわりに3匹の蜂があきらかにこちらを意識して飛んでいたため、巣が近いと判断し開けた方向へ逃げました。カチカチというような音は耳にしませんでした。

その後蜂の行動を観察し穴を特定しました。数年前ミツバチが営巣したことのある穴です。

そのままオオスズメバチだとは気づかず後で写真撮って同定しようーなどとのんきに洗車を終えましたが黄色で示したエリアに踏み入らない限りこちらを意に介さぬ振る舞いをしていました。
赤く囲った部分がおそらく直下に空洞があり、営巣している天井になると思います。
オオスズメバチの性質なのか、うちの個体群のみの性質なのかはわかりませんが、もしかすると営巣した構造物の上方に対しては彼女たちはさほど警戒していないのかもしれません。

個人的にはこのまま次世代の巣立ちまで見守り撮影を続けたいのですが、写真に写っている生垣のすぐ向こうは一般道のため、巣穴の位置を完全に把握している私が近づくのは自己責任だとしても何も知らない方に危険が及ぶ状況はもちろん望みません。

現時点では巣に一番近い生垣の裏側でカメラを覗いてごそごそしていても巣から蜂が出てくることもなければ、生垣を越えて私のまわりに飛んでくることもありません。

路上で最も近づける場所は巣の側面2mくらいの位置でしょうか。これからの時期に個体数が増えることで警戒範囲が広がることはあるんでしょうか?
これが一番知りたいのです。

なお、撮影は安物のコンデジではありますが望遠で行っていますので十分な距離はとっています。地毛黒髪のまま半袖Tシャツにサンダルというまったく危機感ない軽装ですが蜂がこちらを意識している飛び方をしたことは最初の一度きりです。
(もちろん今後同種多種問わず軽視するつもりはありません)

わかりにくい場所ではありますが近所の人が巣穴に気づいてしまったり、トラップ等をしかけたりして騒ぎになる事態が今は一番怖いです。(たぶん隣家の人が蜂が多いなぁと何も知らずホームセンターなどで売っているトラップを仕掛けた場合とんでもない量がかかると思います)

神秘的なシーン、できれば見たいですし願わくば撮りたいです。
 

庭のオオスズメバチ巣

 投稿者:ハッチ  投稿日:2017年 9月 3日(日)19時30分10秒
  庭にオオスズメバチの巣が出来たとは凄い自然豊富な素晴らしい環境なのですね 羨ましいです
オオスズメバチの巣は主に地中や、大木のうろの中へ作る事が多い事が知られています。

オオスズメバチの巣の場合ですと、巣穴の入り口付近 直径約2m以内が絶対警戒範囲ですが
特に出入り口の正面位置に立ったり、大きく体を動かす様な行為を行うと警戒される事は必須
ですので最低でも周囲3メートル以上離れ、正面に立つ場合は更に4mが安全距離です。

それでも、どうしても至近距離から撮影をする場合には、絶対に巣の出入り口正面に立つ事無
く側面から撮影するとあまり警戒をされません。
何れの場合にも、少しでも巣に振動を与える様な動作をすれば、大変に危険ですので要注意で
す、又、観察や撮影時には迷う事無く白っぽい服装で背を極力低くして観察すると警戒されま
せんのでお勧めです。

又、オオスズメバチの巣の内部では9月から10月初めまでが働き蜂の産まれる数のピークに
達しますので特に注意が必要です
次に良く勘違いされる情報がテレビ等で流れていますが、全てのスズメバチは夏でも秋でも決
して季節の変化によって性質が変化する事は皆無ですので熟知下さい 秋になったからと言っ
て性質が獰猛になったり攻撃的に変化する事は決して有り得ません。
但し、上記に説明した通りで。これからの季節は巣の防衛力である働き蜂の数が数値上で一年
で最も多いピークに達する時期に入りますので特に注意が必要なのは事実です。

このまま決して巣に対して刺激を与える事無く順調に育つと、10月下旬から11月に掛けて
最大の見所でもある婚姻期に入ります 大変神秘的で感動的な貴重なシーンが見られますよ。
 

はじめまして

 投稿者:ほっけ  投稿日:2017年 9月 3日(日)13時04分29秒
  はじめまして。

庭にオオスズメバチが巣を作ったようです。

出入り口の穴の場所が特定できているので私は近づかなかったら大丈夫かなあと思っているのですが、これからの新女王や雄が出てくる時期に巣に近づくと警戒されるテリトリーと言いますか近づける距離というのは変化するのでしょうか?

現時点では2mも離れていればまったくこちらを意識せず飛び回っていますし、近隣の道路で最も近い場所でごそごそしてみましたが巣穴に変化はありませんでした。

オオスズメバチの巣穴自体なかなか見つけられない場所に巣作るのが本来だと思うので観察という意味ではかなり貴重な場所なんじゃないかなあ、とカメラ構える毎日です。
アドバイスいただけたらうれしく思います。
 

今年も猛暑ですねえ

 投稿者:ハッチ  投稿日:2017年 8月16日(水)19時47分24秒
編集済
  みのさん こちらこそ御久し振りです

毎年確実に地球温暖化が進んでいるみたいですね! 確かにコガタスズメバチに限る事無く
今年は特に季節の前倒しが目立つ様ですねえ、例年よりも間違い無く20日位 巣の成長具合が
早く進んでいて、オス蜂も女王蜂も早く生まれている巣が確認されます。

猛暑も我慢の限界を超えていて、今年から防護服の着用限界を5分以内を目標にして作業を進め
ているのが現状です ハチは全く怖くなくても熱中症の方が凄く怖いです 過去3度も熱中症を
経験してますが、本当に死ぬほど苦しかったです みのさんも絶対に無理は禁物ですよ。
 
 

今年は変です。

 投稿者:みの  投稿日:2017年 8月16日(水)16時26分24秒
  お久しぶりです。

今年の茨城報告ですが
オオムラサキは6月下旬には現れるし、
盆前にコガタスズメバチに雄バチや新女王が出てきているし、
セグロアシナガバチの巣は極小(タバコの箱サイズ)
ヒメスズメバチの巣も極小

なんだかなぁ~。。
♪v(*'-^*)^☆
 

/58