teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとうございます

 投稿者:izumi  投稿日:2009年12月16日(水)21時31分9秒
返信・引用
  MiOさん、なまずさんありがとうございます。
私の両親は人の話を聞かないで自分の考えばかり主張してしまうところがあるので、
きっとすぐには無理ですが、根気よく説明して病院に行かせてもらえるようにがんばります。
 
 

とにかく現金!!

 投稿者:中村メール  投稿日:2009年12月14日(月)15時58分51秒
返信・引用
  カネ貸しではありません。
安全簡単に、お金を手にする方法を、無料配信しています。
誰でも出来ますので心配不要。
収入は最短で明日!!しかも現金!!
詳しく知りたい方はこちら
ae27あっとまーくドコモ
までお早めに連絡お願いします。
 

izumiさんへ

 投稿者:なまず  投稿日:2009年12月13日(日)11時32分54秒
返信・引用
  私は病院で診断してもらうのが一番いいと思いますよ。
素人判断は良くないと思います。一過性のことならいいですが、
そうでなければ我慢でよくなるものではありません。
もしIBSなら今はいいお薬がいろいろあるし、早い時に治療するのが一番早く治ります。
私のように慢性化すると厄介です。
私の若いときはIBSとかそういう病名や概念すら無かったです。

高校生ならご両親どちらかの保険で掛かれますよね。
正確な診断と適切な治療を受けられることをお奨めします。
ご両親もあなたの健康を一番に考えられるはずだと思います。
 

Re: (無題)

 投稿者:MiOメール  投稿日:2009年12月13日(日)10時24分9秒
返信・引用
  > No.31[元記事へ]

izumiさんへのお返事です。

私はIBSだと思います。病院で診てもらわなくても、たぶんそうだと思うんです汗…というのも、私の症状とあまりにも似すぎているから'_';心療内科や消化器科に行ったことがあるんですけど、どこもIBSだと診断されたんで…。私も高校生です。ガスの辛さも痛いほど分かりますTдTでも、お互いIBSに負けないように頑張っていきたいですね!!
 

(無題)

 投稿者:izumi  投稿日:2009年11月26日(木)22時36分3秒
返信・引用
  私は現在高一の女で、いつもではないのですが、学校で

・おならが数秒間隔で出そうになる
・我慢するとヘソの下あたりで「ンブゥーーー↑」とおならのような音がして内蔵が震える感じがする
・たまに腸の中でポコポコ発酵している感じがする(音付き)
・胸をしめるようなゲップがでる(?)
等の症状が出ます。

大丈夫な日もあるのですが、酷い日もあります。
これらの症状がIBSのガス型?というのに似ていたので調べたのですが、
いまいち自分がIBSなのかわかりません。
高校生なので病院で見てもらうお金もあまりありません。
私はIBSなのでしょうか?皆さんのご意見を教えてください
 

makiさま

 投稿者:なまず  投稿日:2009年 9月 9日(水)08時02分9秒
返信・引用
  makiさま
体の気質的不具合は病院で見ていただいて悪いところは医学的治療を受けられたらいいですね。
でもこころは薬では変えられません、また自分の工夫や考え、気の持ち方でも変えられないのです、
こころは行動についてくるものです、
考えや思いからこころが変わるのではなく、行動がこころを変えるのです、
それも自分の不安からくる行動はことを悪くします。
実生活が必要とすることをこころがどういう状態であっても、いやいやでも、気が進まなくても、とにかくこなしていく、工夫をする、など外へ外へ気を配り、行動する、それがとても大事です、家事でも今までどおりでなくちょっと工夫するとまたアイデアがでます、
とにかく思いに捕らわれたままでそれに従っていると前進できません。
いつでもどんなに自分が満足いかなくても今が最高の時と捉えるのが近い将来のこころの平安につながります。しみじみと不快感を味わって、しかし行動はあなたの実生活に一所懸命
気をくばりいそしむ、何気ない毎日の行動に楽しみが出てくると思います、
どんなことにも、単純な作業にも、なんにでも工夫をすることです、家族や他人のお世話をすることも同様に気を外へ向けるのに大事なことです。感謝することも気を外に向けることにつながります、有難迷惑だなと思っても感謝という行動が大事です、気持ちはどうでもいいのです、実生活に即した行動、これがとても大事です、
私たちのような神経症の人たちの自助グループ組織があります、森田療法に基づいています、歴史ある組織です、森田療法のお医者さんのサポートもある全国的な組織です、
次のURLを見てください、
www.hakkenkai.jp/index.htm
悩むあなたのこころはそのままで良いのです、気を紛らわす必要はありません、ただ毎日を前進(森田療法でいういみの)してください、
すべては与えられているのです、あなたの気持ちも与えられています、そして決して無駄ではありません。いずれそれが真に理解し実感できると思います、
だまされたと思って実践してみてください。
 

なまず様ありがとう。

 投稿者:maki  投稿日:2009年 9月 5日(土)18時44分14秒
返信・引用
  最近の近況は大分下痢が落ち着いていました。しかし、太れません。昨日久々に下痢になりました。私は単純で下痢になるとまたか、と思いがっくり落ち込んでしまいます。気持ちが一遍してしまうのです。案の定不安になり、ここにきてしまいました。久々にチェックしたら、又、なまず様からのアドバイス。本当にありがとうございます。これからはもう少しチェックします。最近は少し下痢は落ち着いていたのですが、口内炎がずーと続いていました。最後に血液検査をしたとき貧血も少しあり、白血球が少なかったのが気になりますが、もう病院通いには疲れてしまい、今は病院には行っていませんが、中旬に予約を取っているのでそこで又検査する予定です。
私は他にもいろいろ病気を持っていて、一生病院とは切れなさそうです。特に楽しい事もなく、ただ何となく生きてるという感じです。なまず様は趣味とかあるのですか?それで気を紛らわせる事もできますよね。私は病気の事しか考えられず情けないです。
 

makiさま

 投稿者:なまず  投稿日:2009年 8月18日(火)06時49分39秒
返信・引用
  そうですか、わたしも以前はあちこちの病院やクリニックに通いました、語弊がありますが、いまの神経科のお医者さんは概して薬を処方するだけの方が多いですね。なかにはこれが、神経科、メンタルな病気を専門とする先生かと人間性を疑うような方もいます、^^
森田療法はわたしの考えですが、多分保険点数が低くお金にならないのではないでしょうか^^)、神経科、精神科のお医者さんでもその真の内容を知っている方は少ないと思います。
森田療法は創始は古いものですが、病気の治療と言うより人の心の問題の根本解決で、人生の真実の生き方を教えてくれるすべての現代人に通用するものだと思います、
森田療法では全治といいます、これは普通の病気が治ることをいうのではなく
心の捕らわれのないことを言うのだと思います、先に書いた心を、目を、 辛い、苦しい、悩ましい今のこころや体の不具合に捕らわれず、それを否定するのではなくそれはそれとしてしみじみ味わい、同時に実生活に一所懸命いそしむ、心を配る、ぼちぼち頑張る、そのとき常に瞬時に全治です。
心は常に変わります、ころころ変わるからこころだとか^^
そんな頼りにならないこころの声に従わずに毎日の実生活にもっともっと目を向け行動する、それが大事だと思います。これも習慣です、こころの内側に向きすぎていた
目(気)を外の実生活に向ける努力をしていると今まで考えもしなかったことに気がついたりどんどん意欲的になってきて妄想に捕らわれていた無駄な時間を実生活に向けられるようになってきます、いつも気をつけていることです。習慣的につい内側に気が向いてしまいますからいつも現実の我に返り実生活にいそしんでください、
従来の治療は治療で受けて、生き方は”そのまま前進”してください、
そのまま とはこころは不快でもそのまま感じながら、しかし行動は実生活をする、前へ進む、これが真実の生き方だと森田療法は教えます、これは何もわれわれだけのことではなく
すべての人に通用する真実の生き方です、
森田療法の真髄は禅から宗教色を排しそのエッセンスを取り出したものです。
安定剤などの薬は根本を直すものではなく、”そのままでいさせやすくさせてくれる”ものと言う位のものです。それで楽になればその居心地のよい状態をしみじみ味わう、また
悪くなればしみじみとそのなんとも言えない不快感を味わう、それが森田療法、独特の薬だといいます。自分にとっていいことも悪いこともしみじみと味わうこと、そして実生活にいそしむ、これが一番大事です、そのとき常に全治です。
こころのことには言葉(論理)を使わない。こころは独自のロジックに従い、わたしたちの
合理的考え、論理は通用しません。それを区別することが大事です。使うと逆にわたしたちに不都合に働きます、心身交互作用の悪循環です。
長々と同じようなことを書きましたが、これはハウツー、方法ではなく人生の真実の生き方です。またあくまでもわたしの理解ですが、あなたの問題解決のヒントになれば幸いです、
森田療法の本格的な治療は、臥じょく療法から始まり具体的な過程がありますが、エッセンスは上記したこころの目の向け方、実生活の大事さだと思います、
 

なまず様

 投稿者:maki  投稿日:2009年 8月17日(月)15時18分31秒
返信・引用
  いろいろ親切に書き込みありがとうございます。なまず様の言っていることは、まさしく自分の事です。森田療法とは本で見た事がありますが、実際通っているメンタルクリニックでは、特に森田療法は取り入れてないみたいで、何も医者からは聞いていません。あまりひどくて、どんどん悪くなってしまったら慈恵医大病院も視野に入れてみようと思います。他も捜してはみます。東京でもいなかなもので、、、
アドバイスありがとうございました。実際同じ病気の方に聞いたほうが医者より親身になっていただけるし、体験談も聞けるし、本当助かりました。
 

makiさんへ

 投稿者:なまず  投稿日:2009年 8月16日(日)08時00分26秒
返信・引用
  暫らくチェックしていなかったので遅くなりました。
私はイリボーの5μgを朝一錠飲んでいます。
以前のような我慢できないような腹痛は収まりましたが、まだまだ不快感は残っており
完全では有りません。便秘も軟便剤で改善されましたが時々数日に一回ということもあります。イリボーは男性用となっているので女性用が早くできるといいと思います。

内臓の検査をされて異常がないということは良かったですね。
良く分かりませんが、私と同様心身症的なものではないかと思います。
であれば身体の不快感に目を向けるときりがなくて、悪循環のもとだと思います。
森田療法(正式な医学療法です)でいう心身交互作用という働きだと思います。
これから離れるのは目を外に外に向けることだと森田療法は教えます。
不快感に目(気)が向くのは仕方ないです。ただそれへの心配からいろいろ行動することは
逆効果のようです。悪循環の輪を強くするだけです。
実生活に目を向けて、心の中も、人のお世話とか、仕事の工夫とか、家事の工夫とか常に考え、心の外は、行動。毎日の生活の必要に応じた行動、常に必要に応じた何かの前向きの行動ををしていること、これが大事だと森田療法の先生から教えてもらいました。
行動の指針は自分の気になることの必要性ではなく、実生活の必要性です。
そうすれば治るという方法論ではなくそうするのが真の行き方だということです。

想いに捕らわれると心は観念に陥り現実を離れ、非現実的な妄想の世界に迷います。
常に我に返って実生活(今、このとき)に目を向けるようにするのが真実に生きるということだと教えてくれます。これは禅の世界と同じで東洋の深い知恵です。

森田療法は検索で出てきます、東京だと慈恵医科大学第三病院に森田療法センターがあります。 www.jikei.ac.jp/hospital/daisan/morita/index.html
他にもあると思いますが
私的な所で森田療法を標榜していんちきかつ、法外な費用をとるところがあるのでご注意下さい。
 

レンタル掲示板
/4