teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


回復されてなにより

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年12月10日(日)23時07分15秒
編集済
   simone様は パワフルと思っておりましたが ダウンされていたとは・・・。

 今は 回復されたのですよね?? 宝塚が薬だなんて 本当に羨ましい限りです。

 配達は 雪公演
http://www.sankei.com/entertainments/news/171203/ent1712030008-n1.html

 珠城さんCM
http://www.daikin.co.jp/ad/cm/detail_mv_new_22.html

 月バウ
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171201-OHT1T50169.html

https://www.daily.co.jp/gossip/takara/photo/0010778623.shtml

 瑠風輝さん
https://mainichi.jp/articles/20171202/ddl/k28/040/474000c

 OG編 壮さんラジオ
http://tfm-plus.gsj.mobi/news/8vfumocik9.html?showContents=detail
 
 

星組新人公演

 投稿者:simone  投稿日:2017年12月 7日(木)21時52分14秒
編集済
  いやいや。長生きはするもんで、新人公演フリークの私的には三本の指に入る面白さでした。

あとの二本は桂ちゃん主演の「猛き黄金の国」と、みーちゃんの「ヴァレンシアの熱い花」ですからすごいでしよ。
でもこの二つは主演の上手さが突出していて、脇も充実、劇になっていたのですが、今日のは
ヒロインが何か衝撃的に綺麗でヒロイン声で、待ちくたびれた「宝塚の娘役のセリフの似合う」
星蘭ひとみさんだったのが大きいと思います。まだ立ち方というか、足元がふらふらしてたり
姿勢が悪かったりするのですが、腹筋鍛え、何とか一人前になってほしいです。
素晴らしい素材だと思います。セリフの一つ一つが瑞々しい。顔だけでなく声が綺麗。

脇がメチャクチャ上手かったです。配役を大事に掘り下げ、本人が喋るように喋る。自分より
歳上でハードル高いのにね。年輩の俳優役のクリスティーナ、ゲッペルズの桃ちゃん、
あまじいがまた、一言一言魂で語るんですよ。ジョセフィン・ベーカーの華鳥さんも芝居
なかなか上手いと思います。あと、特筆すべきはどこにも歌のストレスが私にはなかったこと。

主役の極美くんはすっと綺麗である程度何でも出来て主役はあんなものでいいのかも。
と言う感じです。 ともかくお芝居として非常に成り立っていて、楽しく観劇できました。

挨拶はすごく一杯一杯でしたが、爽やかに余計なこと言わず、お客様のお陰で公演がやれたと
感謝の言葉に思いを込めた所が初々しかったです。

ともかく「星蘭ひとみ」嬢。気に入りました。

ともぞう さま

 前回星を見てから風邪をひいて一昨日まで結構寝込んでました。
 頭のもやもやが晴れるような新人公演でした。宝塚は薬か。。。
 

博多座も

 投稿者:まほろばです  投稿日:2017年12月 6日(水)20時39分18秒
  凄いですよね・・3人で役変わりですか・・
AもBも両方見てみたい・・
 

明日海さん

 投稿者:まほろばです  投稿日:2017年12月 4日(月)18時37分14秒
  来年の天草四郎で退団何てね(笑)…予感がする  

配達~~

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年12月 2日(土)12時15分7秒
   simone様 本当に凄い~~宝塚は感慨にふける間もなくどんどん進んでいきますね。

   遅くなりましたが宙組楽
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/19/0010747023.shtml

http://www.sanspo.com/geino/news/20171119/tak17111918490001-n1.html

 星が始まり(simone様ご観劇~★)
http://enterminal.jp/2017/11/hoshi-berlin/

http://natalie.mu/stage/news/258023

 暁さん
https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201711230000395.html

 OG編 ダンス公演
http://natalie.mu/stage/news/257435
 

星組再度見てきました

 投稿者:simone  投稿日:2017年12月 2日(土)06時06分1秒
編集済
  前回忘れてしまったかいちゃんの事。
お芝居では、ちょび髭を生やした映画会社の重役で、
トーキーに挑む若手監督の主人公に一定の理解を示す
良い人の役。温かくリアルで、彼女が出てくるとほっと
します。

ショーでは何と言ってもピギャールでジゴロをやる場面が印象的。
観光客に見せる「なんちゃって」ですから割合いい加減に踊るし、
だるそうなんですが、いやいや二人の女役に送る視線や身体の
持って生き方、手の添え方が女殺しです。競い合う二人が段々
熱を帯びて行き、攻撃的に踊り最後の悲劇?に繋がるのが
とても理解できます。 男役の色気は大事と思います。

ショーで、ラテンの場面で赤い衣装のトップがまず踊り、そこへ
白の衣装のまこっちゃんが出てきて、キレッキレに踊り、二人の
対決が始まる所がありますが、そこで、ナイフを取り上げた紅さん、
刺そうとすると、なんと客席から拍手が起こりました。いやいや、
若い二番手さんを刺しちゃいかんでしょ(笑) でも、その後からの
さゆみのソロ。結構力が抜けてる所から始まって好きです。

初日は漫然と見ていて、これはアカンと思ってしまったお芝居ですが
まぁ、昨日ゆっくり見てそれなりのドラマはあるのだなあと感心。
つまり、最後のセリフを言い替えさせて、人間賛歌に持っていき、
そのフィルムを抱えて新天地へ行くと。

でも、対立軸をもっと強く書いてくれないかなぁ。あまりにもゲッペルス
側がお間抜け。巴里には北駅と南駅しかないのだから、まずしっかり
張り込んで、ジルダは逮捕。収容所送りで別れ別れでないと。また、
ゲッペルス邸の執事はカブちゃん(朝水りょう<贔屓)じゃなくて
オレキザキかかなえちゃんのような強そうな人にして、あんなに簡単に抜けさせない。
男は2対1なんですよ。まぁジルダをすごく好きで汚く出られないのでしょうが
執事は勝手に悪いことできるでしょう。 はらはら感がなく、ぬるま湯のうち
終わってしまう。「国境のない地図」「凱旋門」のナチスはもっと怖かったなと
懐かしい。
 

配達は~

 投稿者:ともぞう  投稿日:2017年11月29日(水)22時18分32秒
編集済
   トムさん次回作舞台ポスター
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/doctorzhivago/poster.html

   番外編 宙組FNS歌謡祭
http://kageki.hankyu.co.jp/news/20171129_001.html
 

そうかそうなんだ

 投稿者:まほろばです  投稿日:2017年11月24日(金)22時29分43秒
  星のチケットまだ手配して居ないんです
雪はものすごく評判が良く東京はチケット難かも?
更に花のポーの一族は大劇東京都もチケット争奪戦・・みたいですが?どうスッペかな?
 

星組 初日見てきました

 投稿者:simone  投稿日:2017年11月24日(金)20時41分24秒
編集済
  もう、宝塚への貢献もええ加減にせぇという感じですが
とりあえず、チケットが有ったので行って来ました。

お芝居、駄作。ショー、普通。(怒られるかしら)

お芝居は、センセ誰だか知りませんが、徹底的に組子の無駄遣い。
キャラに合っていて、上手に演じていたのはミッキーの老練な俳優のみ。
二番手、まこっちゃんに友人役って、一回休みと同じこと。普段の
会話みたいなセリフしか与えないなんて宝の持ち腐れ。まぁ
くらっちと、ちょっとしたラブシーンがありますし、皆の前で公開告白も
するけれど、ドラマティックではないです。

せおっちがさくっとまおぽこ抜かしていました。びっくり。(パレードの
立ち位置もかちゃの隣。ベテランの内側)劇もセリフずっと多いし、
主要人物の一人です。「寝てはいけない」のソロはこちらの心臓が飛び出そうでしたが
まぁまぁこなしていました。

あーちゃんは女優役しかやらないのかしら。普通のお嬢さん、娘さんの
似合う娘役さんなのに。小柄で、かちゃのナチス宣伝大臣が惚れ込むほどの
貫禄はなかったです。

ジョセフィン・ベーカーぽんちょは思ったより地味な衣装で、ヒールも低く、
回りに背の高い男役のロケットを並べると、まずスタイルの平凡なのが
目立つ。歌はさすがでしたし、その後のセリフ回しもさすが人気カリスマ歌手って
感じで良かったです。

さゆみちゃんはショーでは、はなやかで綺麗でびっくり。肌がつやつやで
さすがのヴィジュアル派。何も知らない人が宝塚の男役っていうと、こんな
感じのトップスターが良いでしょうね。 ただ、劇ではセリフ回しが思いのほか
力が入り過ぎっていうか、一杯飲んでしゃべってます?っていうか、すっと
行かないのが残念。かいちゃんや、ことちゃんとは芝居の質が違うような。

もしかしたら、咲ちゃんと合うかもです。ところが初日の挨拶になると、
すらすらと言葉が自然に出て、とても達者。たぶん、次回作落語のは
代表作になるのでは。肩の力が抜けるといいですね。

3回目のカーテンコールはスタンディングになり
「みなさん、外は大変寒いです。でも、ここは、芝居の熱気も
みなのやる気も大変熱く、大丈夫です。どうぞ、また熱気を
浴びに来てください」のような事を言ってました。

素敵だったのはロケットの衣装の色合い。淡いすみれ色に
ミントグリーンの羽根。わぁーっと思わず思ってしまう
美しさでした。

若手の銀橋は、せおっち、しどりゅう、Pちゃんと新公主演者。
歌もなかなか良かったです。ショーのラテンの中詰はなかなか
衣装も豪華。

フィナーレは、また変形で、主要男役を除いて、まず群舞があって
さゆみ、かちゃの「花夢幻」の歌い継ぎがあって、トップコンビ、
かいー音波(赤の衣装)、まこっちゃんーくらっち(白の衣装)の
3組のデュエットダンスがあるという感じ。かちゃは歌手ですが
なかなか聞かせました。 トップコンビの最後の衣装は紺系というか
とても大人っぽくて素敵でした。

星組は懐かしいので、どんなものでもいいのですが、老婆心で
この出し物では、もしかして空席が東京で出るのでは?と思わないでもないです。
センセにもっと頑張ってもらいたいです。


 

みっちゃんコンサート

 投稿者:simone  投稿日:2017年11月24日(金)10時00分25秒
編集済
  最後に19日のみっちゃん&島田歌穂&島健コンサートについて。

確かに3日目はどうなるのかなと言う心配もありましたが(体力面)、
人間、楽しい事をしている間は全然大丈夫なのです。私は特に。
ヅカ友さんとも会い、旧友(職場)とも会い、適当にしゃべり散らし
ゆっくりしたスケジュールでしたので。やっぱり関西は生まれ故郷なので
気持ちもずっとほっこりしていたのかも知れません。

みっちゃんコンサートは新歌舞伎座でありました。上本町の駅の
6階なので、割合簡単にたどり着けました。

島田歌穂さんのステージは先にあって「新相馬節」を福島の思い出として歌ったのをはじめ、
尾崎豊の「I LOVE YOU」レミゼの「ON MY OWN」他1時間、どれもどれも
本当に素敵で聞き惚れる感じで(七色の声、いろんな歌い方の出来る人)
この後のみっちゃんはかなりきついなと思いました。

勿論、みっちゃん自分で、島田歌穂さんの後に歌うのは大変だ、一部は聞き惚れてしまった
と告白。決して追いつけない目標がそれでも、あると言うことは自分にとっては大変な
プラスと言いつつ、二部が始まりました。ダンスあり、男歌あり、また色目が違って
とても楽しかったです。

さて、セットリストですけれど、退団後の活動のいいとこどり(PG除く)。
「青い影」「キエンセラ」「天城越え」「勝手にしやがれ」「熱視線」などなど。
確かに私も良いなと思ったものばかり。姿はまぁ男役の感じですけれど、補正が
少ないので、ボーイッシュな女性位ですかしら。彼女が自分で男でも女でもない
北翔海莉ですと言ってましたが、その通り。不自然な男役ヒールでもなく、普通の
ダンスシューズ。それでも結構足長いんだな、スタイル良いんだなとか思いました
(ひいき目かも)。

歌声がねぇ。また、在団時より、少し前のコンサートより、伸びやかで平伏すほど
魅力的でした。もうあの声さえあれば、私はずっと付いて行くわと決心も新たに
しましたよ。(ふうーっ)

最後は二人のコラボ。東京の国際フォーラムの時と同じで、「美女と野獣」「キャバレー」。
あれを聞いてみっちゃんの歌声が変わったのを確信しました。東京ではふうちゃんとの
デュエットの方が合うなと思った「美女と野獣」ですが、今回は琴瑟合い奏でる感じで
本当に二人で歌の魅力を伝えてくれました。具体的にはみっちゃんパワーアップ、島田さん
は、前より優しい感じ? 「キャバレー」は二人で振りもつけて歌い、またミュージカルで
二人が共演してくれないかなと切に祈らずにはいられない珠玉の数分。明るくて、
華やかで楽しかったです。

ともぞう さま

 今回、ゆっくりしたスケジュール、久しぶりの関西でけつねうろんも食べ、
お好み焼きも食べ、しゃべりまくり、楽しいことが多くて、疲れなかったです。

 理事は穴のあくほど眺めましたが、お顔はつるっつる、美形に衰えなし。
本当になんていう人なんでしょうね。来年は「ドクトルジバコ」「凱旋門」
大変ですよね。 何とか頑張りましょう。
 

レンタル掲示板
/145