teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


せめて元気で

 投稿者:武ほーぷ  投稿日:2014年 2月10日(月)18時09分35秒
  あ、そうでしたか回避ですか。
その辺の情報に疎くてお恥ずかしい限りです^^;
確かに福永Jも
乗りにくさをコメントしていた馬ですから
長丁場をきちんと乗りこなすのは大変なんでしょうね。
外国に行っても気性が落ち着けばいいですね。
輸送や現地の環境に耐えてこその海外遠征ですから。
タップダンスシチーの産駒は南関で走ってるのを
何度か見たことがありますが
そういう事になっちゃいましたか…残念です。
例え功労馬としてでも大切にしてもらえるなら
その方が馬の為かもしれませんが。
種牡馬の世界もサンデーが入ってる馬でさえ
競争が激しいんですよね。
ヨーロッパ血統の重厚さを生かして
クラシックなどで活躍できる馬が出て欲しかったです。
日本馬がサンデーだらけになるのがいい事なのかどうか。
スタミナ血統よりスピードのある
マイル馬がもてはやされてる一方で
日本競馬の悲願は凱旋門賞と来てるんだから
偉い人と現場の矛盾を感じます。
 
 

それがですね・・・

 投稿者:ひとし  投稿日:2014年 2月 9日(日)19時07分11秒
  こんばんは。
それが、今のところ天皇賞春には出走しない予定なんです。
大阪杯⇒クイーンエリザベス2世カップ(香港)⇒宝塚記念 が
この春に予定されているローテーションです。
陣営は、エピファネイアは2,000~2,400の馬と判断しているらしく、
菊花賞は同世代が相手との事で適性外を承知で使ったとのことでした。
最後の最後まで、天皇賞秋とどちらに出走するか、迷っていましたから。
まあ、掛かり癖があるように気性がよろしくない馬なので、このローテは英断だと思います。

タップは活躍馬を出すことができず、残念ながら種牡馬を引退してしまいました。
引退後はノーザンホースパークに行きましたが、程なく退厩となり、現在は茨城県の
個人牧場にいるとのことですが、場所は公にされていません。
出資会員が見学を望んだ場合にだけ、クラブが段取りしてくれるとのことですが、
あれだけ頑張った馬の行く末としては甚だ寂しいもので、残念でなりません。
 

クラシックホースを(^^)

 投稿者:武ほーぷ  投稿日:2014年 2月 9日(日)18時36分41秒
  お便りありがとうございます。
上山でタップダンスシチーのJCの話をした事
なつかしく思い出します。
10年も経ってしまったなんて夢の様。
あの時お会いしたスタンド前は2車線道路になり
建物は解体の途中です。
それにしても菊花賞馬の出資オーナー様ですか(^^)
オーナー冥利に尽きますね。
お母さんが名牝ですし
期待も大きかったでしょう。
そして血統に違わぬ活躍をしてくれました。
菊花賞のロングスパートは本当に強さを感じました。
春の天皇賞でももちろん、私も注目します。
 

ご無沙汰しています

 投稿者:ひとし  投稿日:2014年 2月 8日(土)21時09分45秒
  すっかりご無沙汰しておりました。覚えていただいていますでしょうか?
上山競馬場でお会いしてから早10年以上、本当に時が経つのは早いものですね。
現在の上山競馬場の写真を拝見して懐かしく思うと同時に、そのまま手付かずで放置
されているらしき状況に、寂しい気持ちになります。

さて、私ごとの馬ネタですが、昨年、一口出資馬で久々のGⅠを優勝できました。
その馬の名前はエピファネイア。菊花賞を勝ってくれ、私にとって初のクラシックを
プレゼントしてくれました。
今年は大阪杯から始動する予定です。よろしければ、応援してやってください。
それでは。
 

寂れる地方

 投稿者:武ほーぷ  投稿日:2013年 3月21日(木)20時31分45秒
  山形市は「仙台市山形区」などと
揶揄されるのが現実ですよね。
天童や東根が仙台の通勤圏に入り
ベッドタウンとなりつつあるようです。
娯楽産業は地元民に利用してもらうか
遠方からの客を呼ぶかですが
地元の人口が過疎化で減っていけば
そのあおりで常連客は減ります。
今の上山場外で年配者ばかりで
私は若い方から数えて何番目という感じです。
遠方からの客を誘致するには
他との差別化を図れなければ生き残れない。
TDLの1人勝ちの陰で
地方で雨後のタケノコのようにできた
多くのテーマパークが破綻していったのと
競馬も多分、同じなんだと思います。
山形市に新スタジアムを立てられるような予算的余裕が
本当にあるかどうか疑問です。
霞城セントラルを建てた事で
山形市にはかなりの負債が…という話もあります。
モンテの試合以外で稼働率を上げるための
工夫が必要でしょう。
もっとも、市内の高校が部活に使うのに
スポーツセンターや天童では遠すぎると
以前から不満たらたらでしたので
その点では駅の近くにスポーツ施設というのは
有利と考える向きもあるのでしょう。
 

(無題)

 投稿者:置賜人  投稿日:2013年 3月21日(木)00時21分28秒
  武ほーぷ様

私は以前、
中央自動車道が見えるビルで勤務しておりました。

土日ともなると府中行き帰りの競走馬専用車が
昼夜問わずひっきりなしに走っており、
「競走馬とは随分と数がいるもんだ、
CMも大々的にしてるし儲かるもんだ・・・」と
のんきに見ておりましたが、
その裏には文字通り、
生死をかけた闘いがあったのですね。

※当時は宮崎あおいなどがイメージ向上のCMをしていたのです。



上山競馬場が閉鎖した要因は、
本当に多々あると思いますが最盛期の90年頃、
永らく続いた県の鎖国状態が終幕、
娯楽が市内・県内だけではなく、
仙台や東京へ向かったのも大きいかもしれませんね。

消えた~様のコメントにもありましたが、
交通機関の発達が県内での消費を減らしていった事は、
本当に皮肉だと思います。

またトップの金遣いも酷いと思います。
田んぼの真ん中に巨大な卒塔婆のような
高層マンションを建てるなら、
もっと救えた人・馬がいたのでは・・・などと思ってます
(税金が投入されているかは知りませんが)。



昨今、
山形市長がスタジアム構想を高らかに叫んでいるらしいですが、
もう何を言ってるのか・・・・。
上山競馬場の二の舞にならぬ事を強く祈るばかりです。

毎度長々とすいません。
では。
 

馬達への挽歌

 投稿者:武ほーぷ  投稿日:2013年 3月19日(火)18時27分14秒
  再びのコメント、ありがとうございます。
何でもかんでも昔を懐かしめばいいのではありませんが
いいものが消えていく無念さを感じつつ
私も「消えた山形」様を見ています。
競馬の世界は一般社会のスキルに遠い世界ですから
普通のリストラ以上に再就職も大変だったと伺います。
こんな事になるのなら競馬場関係者を
優先的に雇用してもらうのを条件に
工場誘致を決めた上で廃止したらよかったのかもしれません。
その点、廃止前後の当局の動きが
場当たり的に私には思えました。
馬の処分云々も悲しいものでした。
上山の馬はよその競馬場への「再就職」が
難しい馬ばかりでした。
一応、競馬の世界のルールと言えばそうなのですが
天寿を全うする馬はごく優秀な一握りだけです。
上山にいたのはよその競馬場で
使い物にならなかったとか、牧場で売れ残ったとか
そんな馬ばかりでした。
それでも生きる為には厳しい訓練を受けるのが
元々食用の家畜と違う所です。
だからこそ、もう少しだけその命に
日の目を見させてあげたかった
働く場をあげたかった、と。
最終レース後の私は茫然自失で
何かを言う気力さえ最早ありませんでした。
泣く事もできなかったんです。
これが現実だなんて信じられない、受け入れがたい
そんな表現が合うように思います。
競馬は今や莫大な固定費が掛かり
(中央競馬の競りに出る馬は
 1億2億では誰も驚きません。
 それだけいい馬には生産費が掛かります。
 上山の馬は100万でも高い方でした)
中小の地方スーパーが
世界展開をする大手流通グループに
食われるのと同じ事になっています。
外国の大レースで日本馬が健闘したと言われつつ
地方競馬が次々廃止になっていて
構造不況としか言い様がありません。
 

(無題)

 投稿者:置賜人  投稿日:2013年 3月17日(日)22時17分11秒
  武ほーぷ様

掲示板の投稿を心に留めて頂いたとは嬉しい限りです。
『消えた山形』様の競馬場閉鎖の記事は、
ただの「閉鎖」「閉店」と違い、
ラストラン翌日の大量解雇・、
そして馬たちの薬殺があったという事実を知ると、
最も重く貴重な記事だと思います。

最終日のレポにある、
「お馬さんはどうなるのー?!」と叫んだのは、
武ほーぷ様のような方だったのでは?と、
勝手に想像しております。

『消えた山形』様のサイトは、
作りは少し古風なものの、
誰にも関心を持たれずに
消え行く風景が多々残されており、
読んでいると懐かしいような
哀しいような気持になるのです。



さて、過日当方のツイッターに、
広島県福山競馬の閉鎖のニュースが流れてきました。

競馬に限らず全国的に公営ギャンブルは閉鎖・縮小傾向、
突然職を失う関係者と行き先のわからない馬達を思うと、
かみのやまの経緯は活かされなかったのかと、
憤りを感じてしまいます。

また福山競馬の繋がりで見つけたのですが、
ヤフー知恵袋に競馬場閉鎖についての質問が載っておりましたが、
回答者が上山競馬に思い入れのある方のようでした。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1282224492



長々と失礼致しました。
では。
 

大好きな競馬場でした

 投稿者:武ほーぷ  投稿日:2013年 3月10日(日)20時04分2秒
  置賜人様。
こちらもご覧頂いてありがとうございます。
「消えた山形」の掲示板の投稿を拝見して
改めて、上山競馬場を思い出して下さったことがいて
本当に嬉しかったです。
できたばかりの新場外にも
もとの競馬場がお好きだった方がたくさん、いらっしゃいます。
馬たちも命を削って一生懸命
働いてくれた甲斐があったでしょう。
中小の競馬場は今でも、あちこちで廃止になっていて
構造不況のような要素もありますが
上山の場合は、折からの平成の大合併の中で
合併早々負債を抱えたくない山形市と
競馬場の始末を新自治体の財布に任せたい上山市
合併成功を目指して財政出動もちらつかせた県
この三者の間でババ抜きのような扱いをされたのが
残念でなりません。
事業継続との方向に進まなかったのは
おそらくはその為でしょうし
後味の悪さを残したのはそれも一因です。
結局、公務員定数削減が飲めないという理由で
合併が流れました。
既に競馬関係者が解雇された後にです。
あれがなかったらもう少し
時代のせいだと諦めもついた感じが
個人的に私は。思っています
 

(無題)

 投稿者:置賜人  投稿日:2013年 3月 9日(土)23時43分47秒
  武ほーぷ様
当方、『消えた山形』様のリンクから渡って参りました、
置賜出身・東京在住の者です。

10年前に上山競馬場が閉鎖になったのは、
当時のヤフーニュースで知っていたものの、
職員・騎手・住民・ファンと意見が折り合わない
後味の悪い閉鎖劇だった事は、
恥ずかしながらつい先月まで知りませんでした。

競馬場には一度も訪れた事は無かったものの、
写真を見ると地方競馬ののどかな風景に反して
最終日は怒号と罵声が飛び交う事を知ると、
市長や市政の無策に悔しさがこみ上げてきます。

数少ない娯楽でありそして
子供を含めた住民の憩いの場でもあった事でしょう。
民間人に意見を仰ぐとか命名権を募るとか、
回避する事はできなかったものかと今更ながら思ってしまいます。

武ほーぷ様のように、
思い出をHPにしたためる方がいるのが、
馬達にとってせめてもの救いでしょうか・・・。

長くなりそうなのでこのあたりで。
では。
 

レンタル掲示板
/11