投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


引っ越しは順調(*^^*)

 投稿者:  投稿日:2018年 6月19日(火)22時09分48秒
編集済
  ハッチ先生、お疲れ様です!
確かに、第一子は未だ本調子ではないようで、肉団子をつくる動作も、とても遅いです。
付きっきりで見ていられるのは、昨日だけだったので、心配でしたが引っ越しを致しました。
何だか部屋が寂しいです。

今日は朝から良い天気で、出勤した母蜂は、また元の場所でウロウロしていたので、私が出掛けるまでの間、3回連れ戻し、
もう見てやれないから諦めよう…、そんな気持ちで家を出ました。

帰宅後に、新居を覗いたら娘が一頭で留守番をしており、
やはり母蜂は帰ってこないのか…と悲しくなりましたが、
1時間後に覗いたら、なんと!母蜂が帰ってきていました\(^o^)/

嬉しい!
合計10回連れ戻して、11回目でやっと帰ってきてくれました!

やはり娘の羽化が、母蜂帰宅に貢献したのでしょうか。
以前の営巣場所に強く執着する子は、根気強く連れ戻さないといけないようですね。


我が家の近況
フタモン…一番巣が大きく、繭も幼虫も多いのですが、未だ羽化せず。大丈夫かな…。

大窓コアシ…母蜂が帰ってきているか心配ですが、一頭だけ巣におります。

キッチンコアシ…三頭も羽化し、最初の娘が飛行の練習と、周囲の物を確認していて可愛いです。

引越しコアシ…出勤11回目で、やっと新居に帰宅。
先程、もう一頭羽化!
明日も帰ってきてくれると良いなぁ。

http://

 

取り敢えず安心ですね

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 6月17日(日)08時25分32秒
  羽化したばかりの働き蜂は、普通でも4日目位にならなければ巣の外へ出掛けて仕事をする事が
ありませんので、もしも外へ巣を出して放すのならば、もう少し経ってからでも良いですよ
是非とも是非とも成功を祈ります。 帰って来るように!
 

待望の第一子、羽化!!!

 投稿者:  投稿日:2018年 6月16日(土)21時56分19秒
  ハッチ先生、こんばんわ!
待望の第一子が羽化しました!!!
やっと会えた…ずっと待っていた働き蜂!

5月下旬からの短い間でしたが、コアシが室内にいる生活が当たり前になっていたので、
庭に出すのは寂しいのですが、彼女達は本来の生活に戻れて喜んでくれるでしょう(^^)

室内で生活中、元々亡くなっていた幼虫を肉団子にしてもらったのですが(なかなか認識してもらえなかった)、いつも巣にしがみついて飛ばない母蜂が、幼虫をくわえた途端、暴れはじめました。
おそらく元の場所に帰ろうとしたのでしょう。
幼虫の面倒をみているのに、元の場所に帰ろうとするなんて…。
帰巣と面倒は別なのでしょうか。

しばらく慌ただしく飛び回り、巣にぶつかって、ようやく巣の位置が変わっていることに気が付いたようでした。

亡くなっていた幼虫を肉団子にさせるのは気が引けましたが、彼女が場所の変化に気付いてくれたようで良かったです。

保護中のコアシの元の営巣場所から2m離れた場所に、他のコアシが営巣していたのですが、こちらは帰らなくなりました…。
18時を過ぎても帰らない日が何日も続き、今日まで、その辺りでウロウロしている蜂がいないので、亡くなってしまったのでしょうね…。

幼虫も随分育っていたので、保護中のコアシの巣に連結したところ、自分の子供と分け隔てなく面倒をみてくれました。


元の営巣場所に執着していたコアシ。
月曜日に新居へ移動しますが、帰ってきてくれないかもしれません。
その時は諦めます…。

どうか、母蜂が新居を覚えてくれますように。
 

共存する自信が無ければ

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 6月12日(火)23時00分48秒
  心底から本気で自然を愛し、心底から全ての野生生物達と共存共生できる愛情と信念と自信と
覚悟が無ければ、決してその様な豊富な自然環境の中で時間を過ごす事、生活する事、全てに
関して絶対に無理が生じるものと断言致します。
もしも、もしも今からでも間に合うならば土の有る自然環境よりもコンクリートで固められた
人工的環境を選んで生活した方が絶対的に適切と確信致します。

心底から全ての自然環境を愛す事に自信が持てなければ必ず必ずその様な環境で生活すると精神
的にも肉体的にも大きなストレスとなって自身の身の健康さえも壊れてしまうでしょう。

 

別荘地のスズメバチ

 投稿者:tomo  投稿日:2018年 6月11日(月)14時49分46秒
  初めまして。
家の購入で先日東条湖近くの別荘地を下見しました際に隣の土地に大きなスズメバチが転がった伐採後の木に止まろうとしてるのを見て(怖い)と思いました。ナイスなお出迎えでしょうか?この空き地・廃墟・永住されてる方も居られ周りは木々が生い茂った環境です。私はムカデとスズメバチがこの世で一番怖くてノイローゼなる位のレベルです。特に怖いと思ってたスズメ蜂を検索して色々調べました、そして思った事がスズメバチも生き物ですし私達がその土地へ引っ越し怖いだけで殺虫剤を撒き散らすと言うのも死なせる事になるのと、あの方々の生活を脅かせる事になるとスズメバチの敵・仕返しを受けるのではないか?と思いました。その辺のスズメバチの生体などは不明ですので先生へお聞きしたいと思い相談させて貰いました。それから何回か家を見に行きましたが下見の際に見たままでスズメバチとの遭遇は無しでした、気になるのは隣の土地がかなり草で生い茂っており気持ち悪い程です。道路挟んで前も草木が生い茂っており・廃墟もあります。山林の様に見えます。(小山)位の土地だと思います。斜面もありますし、この環境でスズメバチ除けの為に木酢液を噴霧しても問題はないでしょうか?又、住もうとする土地内に1本の背の高い木があり、隣も草木生い茂り、裏は斜面草木生い茂り、前も同じ様な状態で前の上へ登ると谷があります(移住者あり)私は怖くて外に出る際に防護服を用意して出るつもりです。猪も出る様で、この土地の随分下ではトタンが畑にされて電線も張られてました。生身の状態では洗濯物干す際・掃除も草刈りも非常に怖くて・・・家の換気扇・通気口は全て網を張る予定しています。
一部、囲いを作りオール網張りにしようかとも考えています。オーバーかもしれませんが、それ位怖いイメージがあります。過去刺された事、止まられた経験なしです。遭遇は数回ありますが、しゃがみ込み少し速足で逃げました。過去、家の中には2~3回入った事があります。栗・山菜摂りの際には何回も遭遇しましたが距離がありましたので、早々その場を立ち去りました。もしも肩に止まられた場合、大きな空き瓶にスズメバチを被せる様にしてふせて、下から厚紙で蓋をする様にして捕っても問題ないでしょうか?止まられてる間、怖いし耐えれないです。
部屋に入られた時に自分の方へ飛んできて布団を被った事がありましたがスズメバチはその上を旋回してました・・・心臓がドキドキして本当に怖かったです。
この土地では色々な昆虫やムカデ・毒蛇・猪も居るみたいです。
家の者はスズメバチに仕返しするとか、この家が殺虫剤まく奴かなど、そんな脳はないんじゃないか?と言いますが、組織で動いて巣を守る為の判断を考えると、むやみやたらに殺虫剤をまけば喧嘩を売ってる事になるんじゃないかとおもうのですが、その辺の生体は如何でしょうか?
長分になりましたが、是非ご回答、宜しくお願い致します。

 

幼虫は順調、調達活動をしないコアシ

 投稿者:  投稿日:2018年 6月 9日(土)19時25分18秒
  ハッチ先生、こんばんわ!

一時保護中のコアシですが、幼虫はよく育っており、5つ繭になりました(^^)
心配だった、とても小さい幼虫への食事は、思いのほか順調で、日に日に大きくなり、
元々大きい幼虫は、更に大きくなっております。

しかし、大きくなりすぎて、幼虫が部屋からはみ出してしまいました。
コアシは、幼虫の面倒や部屋の掃除をしてくれるのですが、ずーっと巣にしがみついていて、水や巣材の調達には行きません。

コアシの部屋が狭いのかと思い、今朝、大きな虫かごへ引越しさせました。
コアシが充分に飛べる広さを確保できましたが、調達に行く気は無いようです。
(明日、メールで写真を送りますね)

コアシが調達行動をとらない理由は何でしょうか?
紫外線が足りないから?
かごに閉じ込めているから?

難しいですね…。
 

引っ越コアシ

 投稿者:  投稿日:2018年 6月 1日(金)20時47分25秒
  元の巣と新居の距離は10mです。
今日、ハッチ先生に良い報告をできると思い、楽しみにしていたのですが、現実は甘くはありませんね…。

新居から元の巣へ直行できる理由は…、

★元々、我が家全体を仕事場にしていたので、土地勘がある。

★元の場所から新居へ引越しする際、割り箸に接着した巣にコアシを乗せて、道を歩いて景色を見せた。

記憶飛行を行っていないと思う理由は、飛び立つ際、決して振り返らないからです…。
本当に直行です。

玄関上のコアシは、一度も戻って来ることなく、速やかにキッチン下に営巣を開始したのに、
今回のコアシの執着心に驚いております。
 

コアシさんは

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 6月 1日(金)20時17分12秒
  凄く凄くいい感じで成功だと思ったのに、それでもどうしても元の場所に戻るとはねえ、意外です
もしも、本当に可能でしたらば働き蜂が産まれるまで室内での生活も有りかもですね。

参考までに、元の巣の場所と今の巣の場所との距離はどれくらい離れてますか?
それにしても絶対に記憶飛行を行わなければ決して新居には戻る事が出来ないのですが、何故??
記憶飛行を行わないのかねえ?? 相当に元の場所に執念か未練が残ってるみたいですね。
 

今日の引っ越コアシ

 投稿者:  投稿日:2018年 6月 1日(金)20時00分40秒
  ハッチ先生、お疲れ様です!

一昨日と昨日は、雨が降っていて、アシナガは全員、休んでおりました。

引越コアシは幼虫の面倒を見て、雨のため2日間、同じ場所に留まってくれた(柱の補強と蟻避けをした)ので、上手くいくかと思ったのですが……。

今日は、良い天気で暖かく、出勤日和。
彼女は、記憶飛行を行わずに、元の場所へ直行…(泣)。

しかし、巣を放棄している様子は無さそうで、元の場所に帰ると、
『家が無い?!家が無い?!』
と、すごく慌てます。
彼女の元の場所とは、近所の方の農作業道具置場で、付近では小学生が大騒ぎで遊んでいるので、
放置すれば、いずれ駆除されてしまう…。
(近所の方は、意地悪な方ではなく、蜂がいるのは構わないが巣は困る、という方です。コアシにも殺虫剤をかけずにいてくれました。)

元の場所で慌てているコアシを回収し、室内へ。
今は巣にしがみつき、良い子にしています。

元の場所での営巣はダメで、私の実力不足で新居を覚えてくれないので、働き蜂が誕生するまで、室内で生活させます…。

働き蜂が誕生したら、元の場所に帰らない可能性は上がるのでしょうか?
 

ありがとうございました

 投稿者:えりっく  投稿日:2018年 5月30日(水)22時31分16秒
  ハッチ先生。早速の返信ありがとうございました。
ハッチ先生の文とこちらのサイトを改めて読ませていただきました。
ハッチ先生のご指摘通り、私はスズメバチに対してかなり誤解していた部分がありました。

元々、虫嫌いでハエやクモもいるだけで嫌なのにスズメバチのような大きくて見るからに凶暴な蜂の存在は私にとって恐怖でしかありませんでした。
それにメディアの過剰な情報が追い打ちかけてスズメバチ=害虫となってしまい、飛んでいる姿を見るだけで不安と恐怖になっていました。

でも、ハッチ先生の文を読んでいくうちにスズメバチだからと過剰に意識する必要はないと思うようになりました。彼女たちだって農作物の害虫駆除のためにいないと困る存在だし、約一年の短い命の間に健気に次の命につなぐために生きていると思うとむやみに敵視できないなと。
住宅地で見かけるようになったのも結局山で生活するのが難しくなってきたからなんですね。

今後は私の家に巣を作らない限り、姿があっても静かに様子を見ていこうと思います。

この度はありがとうございました。
また、何かありましたらご相談よろしくお願いします。
 

/62