投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


我が家のアシナガバチは

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 9月 5日(水)21時24分59秒
  今現在、我が家のアシナガバチの巣は、セグロアシナガバチ4巣(内3巣は引っ越しした巣)
キアシナガバチ1巣 合計5巣だけになりました。

どの巣も育児は完全に終わっていて餌を持ち帰ったり巣作りの姿も見る事は出来ませんが
どの巣も新しく生まれ育った親蜂と雄蜂で盛り沢山で、巣の周りはとても賑やかで壮観です
既にこの時期の巣には働き蜂は一匹も居ません。

しかし少し困った事に毎日毎日、早朝から夕方までヒメスズメバチが何度も何度もとても頻繁に
各アシナガバチの巣に訪れては巣の中を物色して帰ります。 巣の中には全く幼虫も蛹も一切
残ってはいませんが、それでも念入りに時間を掛けて一つ一つの部屋の中を調べています。

ただ、それだけならば特に気にならないのですが、セグロアシナガバチやキアシナガバチは体も
大きくて力もあるみたいで、ヒメスズメバチが来ても逃げるばかりでは無く応戦する者もいます
でも勿論、その結果はとてもヒメスズメバチに勝てる筈がありません それでも勇敢にも更にた
ち向かって行く者がいて、何匹かは殺されたり羽をちぎられたり足を失ったりで悲惨な惨状です

ヒメスズメバチもそれ以上の事はしなくて数分で諦めてどこかへ飛び去りますが、それでも又、
何度も何度も未練があるのか毎日訪れます。
そんな事の繰り返しで、アシナガバチ達の数も毎日少しづつ巣を離れて暮らす様になりました
でも、それが自然界の当たり前の姿ですので人は何も手を加えずに様子を見るしかありません

ところでヒメスズメバチの食性は、普段の幼虫への主食は他のスズメバチとは少し違っていて
特に肉食ではありません 普段は親が持ち帰った花の蜜や樹液なのです。 だから他のスズメ
バチみたいに昆虫を捕えて肉団子を作って巣に持ち帰る事は行いません。 従ってアシナガバ
チの巣を襲って、その幼虫や蛹を襲っても体液だけを吸って残りは捨てます。
しかも、その様にアシナガバチの巣を好んで襲う行動も,特に時期があってヒメスズメバチの
巣の中で新しい親蜂の幼虫が育つ時期だけに集中していて、栄養不足を補う為と考えられます
稀に、但し初期の頃の巣であっても餌不足の時はアシナガバチの巣を襲う事もあります。

そんな事で、今現在の近況はアシナガバチの巣は育児を完全終了していて少し寂しい状況です
今年は全国的に前代未聞のスズメバチの大ハズレ年でして、どこへ行っても殆ど巣を見たり
ハチを見る事も少ないです 長野県でも同様みたいですよ、長野県にもハチ友達がいますが
今年の生息数は非常に少ないみたいです 地球温暖化と、必要以上の蜂の巣駆除の結果と断言
致します。

以上がこちらの近況です

 

安心しました

 投稿者:  投稿日:2018年 9月 5日(水)01時30分44秒
  ハッチ先生と全アシナガさんがご無事で安心しました。
こちらは風雨の勢いは強いままです…。

フタモン、キッチン、引越家族は巣箱にいるので無事です。
しかし、開放空間に営巣した大窓コアシの巣はやはり落ちてしまいました…。
急いで巣を回収し、1時間ほどドライヤー(冷風)で乾かしましたら、水を吸ってふにゃふにゃした巣が完全に元通りに!
視認できる蜂を全て回収しましたが、半分以上が行方不明です。
巣材用に置いてある段ボールに隠れているのだと思いますが、心配です…。
私の家(地域)では、開放空間に営巣した場合、台風に耐えられないようですね。

大窓コアシの営巣場所は高い場所なので、完全に同じ場所に巣を接着出来ませんが、小さなプラ容器に巣を接着し、飛ばないように細工して近い場所に設置してみます。
放棄、認識できないかなー…風雨の勢いが弱くならないので作業の見通しが立たず憂鬱です…。
回収済みの蜂は、やっと落ち着いて寝てくれました。

いえいえ、急かしてしまったようで申し訳ないですm(_ _)m
お忙しいところ、ありがとうございます(*^^*)
ハッチ先生の御近況はお時間のある時で構いませんので、どうか私生活を優先なさって下さいm(_ _)m

私も引き続き、大窓コアシの様子を報告します
 

緑様へ

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 9月 5日(水)00時30分21秒
  詳細情報頂けまして本当に誠に有難うございます
台風は全く大丈夫でした 我が家のアシナガバチさんも全員大丈夫です また、こちらの近況も
明日か明後日頃にでも御報告させて頂きます

ところで、私共の手違いでDVD発送手続きが大変に遅くなってしまいまして誠に申し訳わけ
御座いません!! やっと発送手続き完了致しましたので到着まで暫くお待ち願います。
本当に御免なさい! 6日か7日の到着予定です。 
 

定期報告~虫達の様子が心配~

 投稿者:  投稿日:2018年 9月 4日(火)19時27分16秒
  ハッチ先生、お疲れ様です!
台風が上陸しましたが、ハッチ先生は大丈夫でしょうか?
こちらは大雨強風で大窓コアシが非常に心配です。他の家族は巣箱にいるので大丈夫です。

お盆辺りから随分気温が下がりました。
今年は確かに気温が異様に高い日が続いたものの、とても涼しい夏でした。(去年は犬のために5月中旬から冷房を一日中入れなければならなかったのですが、今年は7月中旬から一日中冷房を使用し始めました。)
蜂達の給水や旋風を見られず残念でしたが、彼女達は快適に過ごせたのかもしれません。

寒さと暑さの温度差が激しいせいか、虫達の様子がおかしいのです。
トビイロケアリが行方不明といっても過言ではないくらい不活性で、クロヤマアリも仕事をしているものの越冬前かと思うほど、活動が緩やかです。
キマワリを見かけませんし、ショウリョウバッタやエンマコウロギも少ないのです。
ハッチ先生の周囲の虫達は如何でしょうか?

【大窓コアシ】
繭の子は無事に全て羽化できたようで、たくさん待機組がいます。
写真では少なく見えますが、巣の上部と奥にたくさんいます。よく見えず性別が分からないのですが、来年の主役が多いように思います。
カメラを置く場所と巣の距離は20cm程度なので、怒られるかな~と思いつつカメラを設置し、写真と動画を撮影。 他の巣の新母蜂が交尾のために来たのか、働き蜂が攻撃して一緒に落下しているところが映っていました。二頭共、無事だと良いのですが…。

【フタモン】
9月1日の朝にごっそり蜂がいなくなりましたが、9月3日の午後に戻ってきました。
結婚相手が飛んでいたからなのか驚きましたが、無事なようで安心です。
お盆にヒメスズメちゃんが本腰を入れて狩りを開始。標的はフタモンでしたが、既に充分に次世代が羽化していたので、大丈夫そうです。
空いた部屋に卵をたくさん産みましたが、もう幼虫を育てる気は無さそうです。
ヒメちゃんが食い散らかした子の残骸は、玄関前のクロヤマアリが回収してくれるおかげで、命が無駄にならなくて感謝なのですが、蜂の子の味を覚えた蟻が巣箱に常駐するようになったので、アルコールで巣箱の掃除を開始し、それなりに効果を実感。
蜂の蟻避けは、本気になった蟻にはあまり効果が無いようですね。
去年は10月30日にたくさんの雄蜂が我が家のセイタカアワダチソウの蜜を飲みに来ました。

【キッチンコアシ】
中が暗くてよく見えませんが、蜂を確認。
7月11日に放棄された巣に残された8頭の幼虫の内、4頭が成虫に。
一番大きかった幼虫一頭と、2齢から5齢になった二頭は蛹化できず、最後に蛹室を造った一頭は羽化直後に亡くなりました…。
羽化4頭は元気で、最後の結婚飛行まで室内で待機させています。
蜂の子ポケットの子は飛べないため、時期が来たら引越コアシの巣へ着地させます。

他の母蜂がキッチンコアシの遺伝子を継いでくれますように…。

【引越コアシ】
フタモンのおかげで、大窓・引越コアシは蛹を捕られずに済み、少なくとも10頭の家族に!
姉蜂4頭でよく頑張りました!
幼虫にご飯をあげようと思ったのですが、夜間に光を当てると軽く興奮してしまうのと、あの時の殺し合いは、私が構いすぎたストレスだったのかも…と思い、
彼女達は少ない労力でどうすれば最後の結婚飛行まで命を繋げられるか(体力温存しつつ、最低限の仕事をこなす)を、しっかり考えているので、カビ避け以外は何もせずにおりましたが、家族が増えて嬉しいです。
本当に立派な子達です。
★アルコールは彼女達の健康に害が無く、直ぐに匂いも消えるので重宝しています。

◆その他◆
【墓地コアシ】
徒歩5分の墓地の外壁の、人間の膝下程度の低い場所で暮らしている家族がいます。
丸見えなのですが、ずっと誰にも気付かれません。
連れて帰ろうと思ったものの、我が家の家族の獲物の取り分が少なくなったら気の毒と思い、放置することに。
心配していたお盆ですが、彼女達は気付かれずに墓参りは行われたようです。
蜂の数は多くありませんが、このまま結婚飛行を迎えられるでしょう。

【ヒメスズメの潜在能力と生態】
ヒメは誰にも喧嘩を売りませんし、誰からも襲われません。
稀に譲りたくない場所があると、他の蜂を軽く威嚇をしたり噛み付いたりしますが、大事に至りません。

キイロスズメも狩りの対象なのか、コガタはキイロを追い回したり体当たりしますが、ヒメには絶対に何もしません。
獲物の背後をとったら、コガタは必ず体当たりを仕掛けるのですが、ヒメの背後をとってもピタッと攻撃を止めます。
ヒメは蜂を大人しくさせる匂いを出せるのか、とてつもなく強いのか、不思議な光景です。

日本で二番目に大きいヒメの狩りの対象はアシナガの幼虫と蛹。
体格に差があるのでお腹の足しにならないのでは? 栄養が足りないのでは?と不思議ですが、
ヒメは体の割に顔が小さいので、これは固いものをかじる必要がないから発達していない証拠、やはり幼虫の主食は体液なのか?
でも、毎日フタモンの巣を訪問し始めたのはお盆から。それまではどうしていたのか?
マイマイカブリはカタツムリを食べないと成長に影響が出るそうですが、
ヒメも蛹の体液を飲まなければ成虫または新母蜂になれないだけで、一回食べれば常食する必要は無いのか、
我が家のフタモンの蛹達は、ほぼ全てヒメちゃんが吸い付くしましたが、コアシの巣だったら持ちこたえられなかったのではと、疑問は尽きません。

ヒメの大顎の色は複眼と同じ暗い色なのですね。
口紅をつけているようでとても素敵です。

【我が家に仕事に来る蜂達】
コアシ家族3
フタモン家族1
キアシ
セグロ
キボシ(少ない)
コガタ
キイロ
ヒメ
アメリカジガバチ巣1
オオフタオビドロバチ
オデコフタオビドロ
トックリ(最近見かけず)
スズバチ
西洋蜜蜂
日本蜜蜂(少ない)

【器用なキイロ】
キイロスズメバチは様々な獲物を肉団子にする器用な蜂で、魚を干物にするために干していると寄って来るとか。
我が家のクロヤマアリ4家族も魚介類が大好きなので、きっとスズメバチも気に入ってくれるはず…!
イカの刺身を指先に乗せてキイロに見せたら、指に着地後、運びやすい大きさに切断し、持って行ってくれました!
私の指の形を覚えたようで、その後も手に着地し、指先まで歩いて行き、イカが無いか確認するようになりました。
頭が良くて、感心します。
イカの刺身に、ヒメは興味が無く、コガタは相手にしてくれません。

【キイロは気が小さい?】
去年もコガタに追い回されていて、今年も追い回されています。
キイロは反撃せずに逃げるばかり。
他の家族のキイロ同士で威嚇したり追い掛けたりしていますが、他の蜂には何もしません。
ヒメに威嚇されて逃げ、コガタに体当たりされて落ちたりと、肩身の狭そうなキイロちゃんです。

【コガタは一番暑さに弱い?】
営巣場所による(給水に忙しかった?)のかもしれませんが、猛暑の間、我が家に来られない日が続きましたが、今は毎日張り切って仕事をしています。


皆、頑張って過ごしています(^^)
先日、遂に!Yahoo店にて、スズメバチのDVDを購入させて頂きました!
急いでおりませんので、発送は台風が去ってからで構いません(*^o^*)
 

ありがとうございました

 投稿者:虫には詳しくありませんメール  投稿日:2018年 8月20日(月)21時28分1秒
  どうもありがとうございました。

今朝見たら 雄蜂達 昨夕に比べ 更に減っていました。
女王が誕生したということでしょうかねえ。

どうもこれは 雄達だよね。と思いましたが
(朝になっても 巣にくっついていて働きに行かないから)
全然確信持てず。

ちゃんと教えていただいて ホッとしました。
ありがとうございました。
ほんとうに。


今まで見かけてたのは 当然 働き蜂だから 雄を見るのは初めてで
知らない子に見えたんじゃ無いかなあと家族で言っていました。

でも、ハッキリ教えていただいて やっと納得。

これまで 戸の脇に巣を作っても 大丈夫だったので
まあ、1週間程度で 巣立って?仕舞いそうですし
昨日今日の宅配さん達も 無事だったようで
追い払わずに やっていきたいと思います。



とりあえず ハチの図鑑を注文しました (^^ゞ

アップで見ると 蜂ってなかなか可愛いものですね。


そういえば この冬 一番のお隣は 写真のお宅でした。

 

この子は誰でしょう様へ

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 8月19日(日)19時46分34秒
  この画像の蜂はキアシナガバチです 育児は殆ど完全終了の巣に見えます 今現在巣に居るのも
全てが新女王蜂と雄蜂ばかりみたいですね 従って既に育児時期を過ぎてますので結論的には
そのままにして於いても大丈夫です その後に居なくなりますが、その時期は様々ですので特に
いつまで巣に居るかは何とも言えません。

巣に近寄り過ぎない(1m以内)限りには決して刺される事はありませんが、存在が気になる様でし
たら下から煙等で追い払う事を繰り返すと巣に戻らなくなりますので安心ですかね。
 

この子達は誰でしょう?

 投稿者:虫には詳しくありませんメール  投稿日:2018年 8月19日(日)16時26分59秒
  なんにせよ 殺さずに居たいのですけれど。
この子達は 誰でしょう。

ヒメホソアシナガバチかと 思ったのですけれど。
(ほとんど詳しくないのでネットで調べた結果)


問題は 我々だけなら 多少刺されても
(アナフラキシーになる自信は有りますが)まあ いいとして
ほぼ毎日来る 宅配の人々が大丈夫かなあと。

高さは 普通の1階より高く 1,5階ほどの高さがある玄関ポーチの屋根の
天井裏に作っています。 巣が下に伸びてこなければ アシナガバチなら問題無さそう? と思っていますが。 そこが知りたいです。よろしくお願いします。


    ▽・w・▽   ▽・w・▽


スズメバチや アシナガバチは 普通によく居ます。
(この前は巨大スズメバチ オオスズメですねに会って さすがに音も怖いし、こっそり逃げてきました)

基準と思っているアシナガバチがそもそも キアシナガバチでは無いのかな?

コロッとした黄色が派手なスズメバチ(巣はまん丸で巨大。網で取ると怒ってガジガジ噛み切って出ようとする。たまに家の中に巣を作ろうと企んでいる?)
によく似ているけれど 体型が違い。少し細くて足を垂らして穏やかに飛ぶ。気がつくだけで庭の範囲に3つとかじょうご型の巣がある。
これをキアシナガバチだと思っていたのですが。そこが間違っていたのでしょうか。 これは 玄関脇に巣を作っても 問題ナシ、と20年同居して暮らしてきていましたが。


3年ほど前から 小柄で華奢で キラキラ 金緑に光る 透け感のある
足下の草の裏に巣を作る蜂(ムモンホソアシナガバチだと思っていました)が
庭先や 庭の中(人によっては山というのかも)に巣を作るようになり、時々
刺されたりしていました。


その3種を基準にして考えているのですが。

私の思う キアシナガバチより細くて小さく(二回りほど)
ムモンホソアシナガバチより 太くて大きく 色が濃い。
でも、ムモンの方に 雰囲気は似ている。
ぱっと見は黒く見えたのですが、撮ってみたら普通に黄色い縞柄でした。


こちらのHPでは ムモンは人家付近に巣を作ることはまず無い そうですが
毎年 何カ所か作っているようで。それも そもそも間違い??

(家族ぐるみで ナチュラル派なので、殺さない。かつ
化学物質過敏症でもあるので 薬剤は撒きません。なので
虫は暮らしやすいかも。)
 

近況報告有り難う御座います

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 8月 9日(木)21時31分9秒
  詳しい説明を頂けて巣の状況が手に取る様に伝わって来ます
それぞれの巣では、それぞれの暮らし振りやドラマがあって、とても興味深いですね
フタモンの巣はフルサイズでとても立派ですねえ 凄く順調な巣ですね! この時期では
殆どの巣で母バチは寿命が訪れて居なくなってますので少し寂しい感もします。

画像も大変に近接撮影で良くわかって助かります

キアシナガバチは確かにアシナガバチ属の中では最も警戒心が強くて私も過去数回、
撮影中に刺された経験がありますので油断禁物ですね。

 

定期報告

 投稿者:  投稿日:2018年 8月 9日(木)20時39分24秒
編集済
  ハッチ先生、お疲れ様です!
どの家族からも弟蜂が羽化し始めました。
スズメバチが仕事に来てくれるようになってから、アシナガ達は自分達が狩られる立場であることを理解したようで、逃げるのが上手になりました。

【キッチンコアシ】
ヘクソカズラから容器に入れることに成功し、この容器を巣箱にすれば冷蔵庫に入れなくても良いのではと思い、
危険のない場所まで少し移動し、風雨を凌げるように箱を被せ、引越し完了。
中の様子を確認できなくなってしまいましたが、出入りしていますので、大丈夫そうです。
最初に逃した2頭は、戻ってきてくれたようで、姉蜂は8頭です。
落ちた巣から羽化した子は、全員弟蜂でした。
母蜂は6月下旬に亡くなっていたのですね…。

【引越しコアシ】
姉蜂…4頭
弟蜂…2頭
母蜂は亡くなっているかも…。
少しずつ姉蜂の羽化を確認できて安心していたのですが、7月下旬辺りから喧嘩が目につき始めました。
大きな子が小さな子を、出勤時以外に一日中、夜間も休まずに追い回したり、噛み付いたりするのです。
その喧嘩は4日程続き、小さい子は殺されてしまいました。
それまで仲良く頑張っていたのに、何かあったのでしょうか。
1頭が頻繁に出勤し、3頭と弟蜂は外出を控え、体力を温存しているように見えます。

【大窓コアシ】
フタモンのような大家族ではありませんが、順調に生活しているように思います。
留守番組が帰宅蜂を威嚇しなくなったので、私も脚立の一番高い部分に乗って、様子を見たところ、私も威嚇されず、見学を許してもらえました。
幼虫の数は多くないので、もう増えないのかも。

【フタモン】
見事な巣!
一日中、部屋で頭隠して尻隠さずをしている子が沢山います。
全然働かないのですが、来年母蜂になる子でしょうか?
画像の蜂は少なく写っていますが、実際はもっといます(^^)♪
お尻ふりふりしたり、他の蜂を軽く噛み付いたり、引っ張ったりしている子が母蜂でしょうか。
巣の下で亡くなっている子を発見以来、お尻ふりふりする子がいなくなり、
それ程、大きいように見えなかったのですが、母蜂だったのでしょうか…。

【捨てられた幼虫】
幼虫を捨てる理由は沢山あると思いますが、ひとつ正解を見つけました。
彼女達は、完治の見込のない体調の悪い幼虫と、蛹化の時期を逃した幼虫を捨てます。
フタモンに捨てられた幼虫2頭の様子を、室内で見続けましたが、
一頭は直ぐに亡くなり、もう一頭は、蜂の子ポケット(詳細はメールにて)に入れても、蛹化しなかったのです。
水以外摂取できずに、ただ幼虫のまま過ごし、衰弱して死ぬまで、することがありません。
蛹化できない理由は、病気と便秘でしょうか…、他は不明です。

【その他】
ヒメスズメの姉蜂は、コガタの母蜂と同じくらいで、
コガタはキイロより小さいので、スズメバチの発育の悪さが気になりますが、
毎日よく働いています。

キアシは、アシナガにしては珍しく、気が強いですね。
スズメに捕まれた際、お腹を曲げて毒針で応戦しようとします。
ワーカー同士で取っ組合いの喧嘩もしますし、少し困った子ですが、可愛い娘達です。

蚕や蜂の子が繭で部屋や体を覆う理由は、閉鎖空間を造り、蛹室を造るためだったのですね。
 

冷蔵庫を使いますね

 投稿者:  投稿日:2018年 7月25日(水)00時08分38秒
編集済
  ハッチ先生、お疲れ様です!
歩行停止の温度まで教えて下さって、ありがとうございます!
8度以下にならないように注意し、頻繁に冷蔵庫を開け閉めして彼女達の様子を見ますね。
7月30日までに引越しをします。

活動中の巣を見るのは、実は今年が初めてなのですが、アシナガバチ達の営巣場所は低い場所ばかりです。
スズメが暑さに弱く、アシナガの方が暑さに強い、納得です。
我が家に仕事に来るスズメバチの活動時間に変化があり、
日の出から8時まで、それから日中は著しく活動を控え、17時~19時に活発に仕事を再開することから、明らかに暑さを避けています。
狩りの失敗率も高いような気がします。
アシナガ達の方が一日中、仕事をしています。

またマスコミは嘘を放送したのですね…。スズメとアシナガを絶滅させたいのでしょうか…。
視聴者も煽られずに冷静になってほしい…。
確かに彼女達の毒と勇気は素晴らしいものですが、彼女達は死ぬまでに毒針を使わない場合の方が圧倒的に多いのでは?
相手の事情を一切考慮せず、最初から殺害する生物と、
警告から始まり、最後の最後まで武器を使わずにいてくれる生物では、どちらが凶悪凶暴なのか…。
もし、人間が最も頭の良い生物であるなら、冷静になって考えるべきではないかな~と思うのです。
 

/65