投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


定期報告8

 投稿者:  投稿日:2019年 9月 2日(月)07時30分53秒
編集済
  【寄生蜂】
ほぼ間違いなく、フタモンに寄生する蜂で、名前を調べましたが分かりません…。
とにかくフタモンの巣周辺を徘徊しすぎです。
フタモンの小屋の中にまで侵入しました。

産卵しないのか、この子の幼虫が巣に寄生していません。
宿主体液摂食(Host-feeding)する寄生蜂だと思います。
一連の幼虫連続死亡事件は、体液を摂食し、産卵しない寄生蜂の仕業かと思います。
こんなの防げない(>_<)

蜂なので昼間活動するのかも。
夜間は小さすぎて見えません。
不本意ですが長い付き合いになりそうなので仮名を付けます。

紅色フタモンヒメバチ(仮名)

紅色→赤と黒の蜂ですが、赤色が透き通っていて とても綺麗なので。

フタモン→この寄生蜂の腹部にも黒い丸が2つあることと、
フタモンアシナガバチに付きまとうという二つの意味を込めて。

ヒメバチ→翅脈を調べたところ、コマユバチ科ではなく、ヒメバチ科でした。
極僅かに違う部分がありますが、ヒメバチ科で間違いないはずです。
 

定期報告7

 投稿者:  投稿日:2019年 9月 2日(月)07時29分18秒
  【寄生蛾】
室内にて監視していた寄生虫は、
カザリバガ科のマダラトガリホソガ です。
蜂蜜を置いておきましたが、全然飲まず、羽化3日で死亡。
蛹化してから羽化までは7日~10日でした。

一連の各家族の幼虫連続死亡事件は、この子の仕業ではないと思います。
シマメイガ程の力を感じません。
あまり多く卵を生まないのかもしれませんね。

一号室と灰色の巣に寄生しましたが、赤と緑には一頭もいません。
キアシに寄生している子も、おそらくマダラさんです。
コアシとセグロには寄生していません。

【上】マダラ
【真ん中】マダラ
【下】花粉まみれのクロマルハナバチ
 

定期報告6

 投稿者:  投稿日:2019年 9月 2日(月)07時18分49秒
  【二号室コアシ】
コアシの快進撃は止まりません!
新クイーンが二頭、誕生しました!!!
やはり肩の赤色が3分の2以上を占めるコアシはクイーンであるのは間違いないかも。

繭になる幼虫達と死亡する幼虫達がいます。
今までと共通していることは、雨が続くと死亡する幼虫が続出することです。
もしかして幼虫は多湿に弱い?

妹蜂が次々に羽化しました!
肩の赤色が3分の1以下の子もいるので、この時期には考えにくいのですが その子は働き蜂かも。
どのくらい新クイーンが誕生したか、また確認してみますね。
まだまだ繭があるので楽しみです。

母蜂が亡くなって二ヶ月以上経過した巣とは思えない程、大きく成長しました。
今のところ、ヒメちゃんは訪問していません。
幼虫と成虫の重みで巣が落下しないことを願います。

巣の周りをナメクジが歩きまわっているようですが、巣に着地してはいないようです。
彼女達の忌避物質が効いているようです。

コアシ、偉い!立派!
【上】巣
【真ん中】巣
【下】新クイーン
 

定期報告5

 投稿者:  投稿日:2019年 9月 2日(月)07時13分44秒
  【キアシ】
相変わらずニートな娘達。
8月25日、母親の巣に全員集合。
一号室フタモンと二号室コアシも、最後は母親の巣に集合したので、他の母親の巣と区別がつくのかもしれませんね。すごい!

同日の巣、何やら騒がしいキアシ(針を出しそうなお尻の動き)がいるので様子を見ると…、
姉妹喧嘩かと思いきや、よく見るとセグロが噛まれています。(動画有り)
どうやらセグロが間違えてキアシの巣に着地してしまったようです。
セグロは羽根が傷んでいたので、もうすぐ飛べなくなってしまうかも。
キアシに刺されたかは分かりませんが、巣から落下した直後は身繕いをしていました。

8月24日、キアシが巣から離れて周囲で待機していたので、ヒメちゃんが来たのかと思った数分後、
何と訪問したのはキイちゃんでした!
キイちゃんが何をしに来たのか観察すると、キアシが貯めた蜂蜜を回収しに来たようです。
他のアシナガバチの巣には訪問しないのに、キアシがニートだということを見抜いたのでしょうか?
キイちゃんは気弱ですが、やはりスズメバチ。
アシナガバチなど恐く無いそうです。
コガタちゃんからは逃げ回っていますが、アシナガバチと蟻には強気です。
相手によって態度を変えるキイちゃんのそういう所は本当に良くないよと思いつつも微笑ましい光景です。

その後もキイちゃんやナメクジが訪問したことで巣を放棄。
随分前から巣の掃除をしなくなり、巣への執着心が無くなったとは思っていましたので仕方が無かったのかなぁ。
二手に分かれて大窓で蜂団子になっています。

8月29日、母親が娘に蜜を渡した直後、近くにいた娘が母親を攻撃しました!
母親はその場を離れ、二手に分かれた娘達と巣を記憶飛行し、出掛けてしまいました。
この日、帰ってこなかったのでお別れかと思い、とても悲しかったです。

8月30日、やや強風でやや強めの雨。
スズメバチは仕事をしていますが、アシナガバチは休んでいます。
14時~15時だけ、アシナガが出勤できるまで風雨は落ち着きましたが、母親は帰宅しません…。
もう駄目なのかと思いました…。

8月31日8時、お母さんが帰宅しました♪(^O^)♪
この子が朝に帰宅する時は7時30分~7時45分なので、時間に正確です。
本当に良かった!

9月1日、一頭を除いて全員一箇所に集合。
この一頭を皆の場所に移しましたが、数時間後に見た時、元の場所に戻っていました。
一頭だけで良いそうです。

蜂団子が雨蛙に狙われているので心配です。
台風で飛ばされないと良いのですが…。

【上】大窓の蜂団子1
【真ん中】大窓の蜂団子2
【下】貯めた蜂蜜を回収するキィちゃん
 

定期報告4

 投稿者:  投稿日:2019年 9月 2日(月)06時53分11秒
  【フタモン灰色】
最後の2つの繭の子は妹で、無傷で羽化しました!
その後は母と娘が産卵したものの、子育てをするつもりはなさそうで、夜間にナメクジが巣を徘徊しています。

台風10号、灰色家族の巣を貼り付けている板が倒れてしまいましたが、小屋の中ですので蜂は飛ばされずに済みました。
板をカラーボックスにガムテープで接着後は倒れずに台風をしのげました。
今後はのんびり待機するそうです。

【上】巣
【真ん中】オオスズメちゃん
【下】コスカシバ
 

定期報告3

 投稿者:  投稿日:2019年 9月 2日(月)06時48分25秒
  【セグロ緑】
セグロ緑の母蜂が8月15日に出勤中に亡くなったようで、帰ってきません…。
8月なら寿命と思いましたが、他の母蜂は元気なので外敵に襲われたのかも…。
せっかくカビが完治したのに…。

【セグロ青】
変化なし。
のんびり過ごすそうです。

【フタモン赤】
新居を作り、卵を生みましたが、活動しない方針に変更するそうです。
全員が暮らせる巣だけ作り、待機しています。

-----------
この3家族の幼虫が全く成長しないので、子育てをする気が無いのだと思います。
セグロ緑とセグロ青は新クイーンが生まれていませんが、まさか働き蜂が新クイーンになるつもりなのでしょうか…。
寿命を伸ばせないと思いますが、実際はどうなのか気になります。
【上】セグロ緑
【真ん中】セグロ青
【下】フタモン赤
 

定期報告2

 投稿者:  投稿日:2019年 9月 2日(月)06時45分37秒
  【フタモン緑】
新築作戦は成功し、幼虫が繭になりました!
一号室の裏の様子は分かりませんが、カラーボックスの巣は順調です。
マダラトガリホソガが来なければ良いのですが…。

お母さんがいるので、新クイーンが誕生する希望はあります!

【上】カラーボックス
【真ん中】一号室の裏側
【下】アカウシアブ
 

定期報告1

 投稿者:  投稿日:2019年 9月 2日(月)06時41分4秒
  【一号室フタモン】
8月25日、お母さんが産卵してくれました♪
しかし、子育てする気は無いのかもしれません。
幼虫が全然大きくなりません。
勿体ないな~。

蜂蜜の調達のために出勤しますが、ほとんど待機して体力を温存しています。

【上】巣
【真ん中】マダラさんを捕獲して捨てに行こうとする娘と、下で両前脚を伸ばしている子は肉団子にするために手伝いに来てくれました。
【下】水溜まりの守り神、シオカラトンボの男子。水溜まりの平和と秩序を守ってくれています。
 

すっかり秋です(^^)

 投稿者:  投稿日:2019年 9月 2日(月)06時31分29秒
  ハッチ先生、おはようございます!
引越セグロさんとホソアシさんの幼虫達のご冥福をお祈りします…。
成虫さんは大丈夫ですか?
引越キイロさんはお元気でしょうか?

【紫外線電撃殺虫器】
成程!
他の蛾や虫が亡くなることはありますか?
シマメイガの被害が深刻になった場合、導入を検討しなければ!
現在、私の庭にシマメイガはいないようです。
ウスムラサキ、トビイロなどの綺麗な蛾がいたらすぐに分かりそうですが、やはりいないようです。

【観察記録】
ハッチ先生の研究に比べますと、私の観察記録など世に出すのが恥ずかしいです(>_<)
彼女達の魅力を全然引き出せず、申し訳ないくらいです…。
こちらの掲示板に記載した文章に映像を添えて、YouTubeに観察記録を投稿してみますね。
ハッチ先生のDVDのように しっかり編集します。

去年のようにカメラを固定し、彼女達の生活をただ撮影し、食事中に眺めるのが好きでしたが、
今年は彼女達が活発に動けず仕事に夢中になれなかったようで、固定したカメラを恐がったため、カメラを固定したままの撮影を断念しました…。
去年のような動画を撮れなかったものの、たくさん動画を撮れましたよ(^^)

【亡きランドリーコアシ母蜂の不思議な行動】
ランドリーコアシ母親が巣にお尻をぶつけて音を鳴らす動作を撮影できていました。
固定カメラを放置中の映像なので、お尻の先端しか写っていませんが、コアシが何をしているかを確認できます。
雑音なども入っておらず時計の秒針のような音も聞き取れます。
YouTubeかインスタに投稿後にお知らせしますね!
撮影できて良かった!

【8月】
8月10日から外の匂い(おそらく植物のフェロモン)が変わり、8月14日から涼しくなりました。
夏バテしていたスズメバチ達が元気になり、とてもよく働いています。
去年より三週間ほど遅れながらもコガタちゃんとキィちゃんの数が増え、
心配していたヒメちゃんの数も増えています。
今のところ、ヒメちゃんは二号室コアシに興味は無いようです。

8月25日、オオスズメちゃんが来ました!
今年は最後まで無事でいてほしいです。

台風10号の雨はあまり強くなく、超強風は一日だけでした。
以前から強風対策をしていた甲斐があり、アシナガ全家族は無事です♪♪♪\(^o^)/♪♪♪

【日本蜜蜂】
8月20日辺りから日本蜜蜂が九割来なくなり、不安でした。
そのことを大阪の養蜂家さんに尋ねてみましたら、
「お盆あたりからスズメバチとアシナガバチが巣箱周辺の蜜蜂を捕獲し始める。
オオスズメは蜜蜂一家を丸ごと捕獲する。
そのため、蜜蜂の警戒心は強まり、出入口を門番で固め、外出を控える」
と教えて頂きました。
蜜蜂、すごいなぁ。

【上】キイちゃん、今年も構ってもらえて嬉しい
【真ん中】コガタちゃんも海老を持ち帰るそうです。 去年は興味ないと言っていました。
【下】ヒメちゃん
 

詳細な御報告誠に有難うです

 投稿者:ハッチ  投稿日:2019年 8月17日(土)22時50分6秒
  本当にいつも、とても詳細な情報を頂いて誠に有難うございます。
それにしてもとても多くの巣に囲まれていて羨ましいです、私方の今現在の巣はセグロの巣が3巣
だけになりましたが、その内の2巣は完全に寄生蛾にやられていて空の巣に蜂が数匹居るだけです
もう一つの巣は近日ヒメスズメバチに襲われて全員避難中です 巣の中身は既に全滅してます
最近、都合により引越しさせたホソアシナガバチの巣もヒメスズメバチに襲われて全滅です。
そんな感じでして唯一の完全巣はキイロスズメバチの巣が1巣だけです。

寄生蛾の防止策は、私の場合は市販の紫外線電撃殺虫機を夜間だけ使用してますが、とても効果が
あって朝になって確認すると多くのシマメイガの仲間の死骸が落ちてます

ところで、これ程にまで多くのアシナガバチの観察記録を録っているのですから、将来是非とも
何でも良いですから観察記録を整理して保管して発表したり本にしてみたりする事も考えてみては
如何でしょうか? とても素晴らしい記録と思いますよ アシナガバチに対する新感覚や新常識
が次々と書かれていて大変に興味深い情報ばかりです。
 

/71