投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


こちらこそ大切な情報有難うございます

 投稿者:ハッチ  投稿日:2019年 6月 2日(日)20時34分29秒
  凄く沢山の巣が引っ越しして来たのですねえ 無事育つ巣は幾つになるか気になるところですね
我が家には未だ引越し予定の巣は有りませんが、これからの時期は少しづつ引き取り巣の依頼が
入ることを期待して待つ事にします。

因みに我が家の去年の自然営巣巣はセグロアシナガバチ8巣とヤマトアシナガバチ1巣の合計9巣
でしたが、今年はセグロアシナガバチだけの営巣でしたが、去年同様に合計9巣が確認されました
しかし、本日までに既に7巣が事故か何かで親蜂が帰って来る事はありませんでした。
それにしても毎年毎年の無事に最後まで育つ事の出来る巣の数が極度に少なくて無念の気持ちで
たまりません、余りにも酷過ぎます。※主な原因は 交通事故 庭木等消毒殺虫剤 市販の蜂捕
獲機 鳥 蟻 ナメクジ シマメイガ ヒメスズメバチ 我が家での原因は以上ですね

スズメバチも最近は良く巣を作ってくれますが、未だに一度たりとも成功例は皆無で、いつも
働き蜂が産まれる前に行方不明になってしまい二度と巣に戻る事はありませんでした 今年も
一つだけコガタスズメバチが巣を作ってくれましたが、やはり駄目になってしまいました
凄く残念で無念でたまらない気持ちになります 本当に一度も無事育ったことは皆無なのです

そんな状況ですので特に特に、スズメバチが巣をして駆除の相談や依頼が入る度に、何故我が家
だけ巣が順調に育たないのに他の家では順調に育っているのか! とても羨ましく感じてなりません。

引っ越した巣も含めて、今の巣がすべて順調に育つ事を心から祈ってます。 
 

いつもありがとうございますm(_ _)m

 投稿者:  投稿日:2019年 6月 1日(土)23時10分4秒
  ハッチ先生、お疲れ様です!
数日少し寒い日が続き、一日お出かけを控えている日もありましたが、みんな元気です。
一号室フタモンの幼虫が二頭、蛹になりました。
屋根コアシは2つ巣を作っているせいで遅れ気味です。

ヤマトさん、ハッチ先生と暮らせば良かったのに…。
ハッチ先生のお住まいの場所は自然が豊かですので蜂達も営巣場所があるのでしょうね。
我が家の蜂達は居場所がない気の毒な子達です…。

自然が豊かな分、ライバルも多いのでしょうね。
セグロさん、帰って来られず悲しいです…。

ナメクジ!
心当たりがあります。
引越しコアシ2018の幼虫にご飯をあげるために板ごと室内に取り込んだ間に、二号室にナメクジとダンゴムシがたくさん侵入して驚きました。
その時に蜂の蟻避けは他の虫にも効果があると分かりました。
ナメクジには彼女達の自慢の大顎が通用しない(ナメクジの粘液が大顎に強固に絡まる)
上、干からびる心配のない夜間に活発になるので、蜂達も大変でしょうね。
幸い、シマメイガさんと違って蟻避けに効果があるようなのでしっかり忌避してほしいですね。

ハエトリグモに蟻避けは効かないかも。
二号室コアシの巣にハエトリグモがついているのにコアシは全然気付かないのでピンセットで取った後、他の場所に放しました。
卵か幼虫をひとつ食べられてしまったと思いますが気にせず生活しています。

ハッチ先生のご返信を拝見して目が覚めました。
それまではどんな手段を使っても鳥避けを設置して二度と庭に着地させないと、憎悪に染まっていた気がします。
彼女達の役に立てない自分の要領の悪さにも腹が立って仕方が無いのです。
私はセグロの運命を変えられたのではないかと…。

鳥達もスズメバチ達と同じように子育てをしていて、そのために食料を集めている…。
私も分かっていた筈でしたが、虫がどんなに優れた能力を持っていても鳥の前では無力です。
虫に肩入れしている私はいつも心の奥底でその現実を歯痒く思っていて、その思いがセグロ襲撃で爆発してしまった…。
今も鳥達の声が庭から聞こえると、また蜂を狙っているのかと不安に駆られます。
セグロを返せ!と叫びたくなります。悔しくて堪りません。
セグロ一家を殺した鳥を憎む気持ちを一生消し去ることは出来ないのかもしれません。
食物連鎖の摂理を理解していてもセグロ一家襲撃を一生納得できないかもしれない。
それでも、許してあげて、このお言葉がスッと心に入ってくるのです。
光が射してきたような気さえします。
ハッチ先生が気持ちをわかると言って下さってとても嬉しいです。
文字で表せないほど今の心境は複雑ですが絶対に鳥を虐めませんので、どうかご安心下さい。
燕にも傷一つ負わせていません。下見に来た際、大きく手を振ったり飛び跳ねたりしていただけですので心配なさらないで下さいね。

先日我が家に迎えたアシナガバチ達の様子をハッチ先生のパソコンに送りました。
 

情報有難うございます

 投稿者:ハッチ  投稿日:2019年 5月27日(月)21時04分17秒
  沢山の最新の巣の状況提供を有難う御座いました
色々な種類の巣が出来てて羨ましいです 我が家はセグロさんだけです でも凄く可愛いですよ
特に初期の巣では色々と試練が待ってますね、本当に最後まで生き残る事の出来る巣は稀ですね
我が家の巣でも一昨日の事、又一つの巣が失われてしまいました 母親が居なくなった巣には、
翌日にはナメクジが巣にくっついていて、全ての幼虫と卵を食べられてしまいました! 以外と
知られて無いのが、ナメクジがアシナガバチの巣の天敵と言う事です 結構沢山の例があります

ところで、鳥による巣の被害ですが、確かに確かに凄く悔しくて憎いと感じる事は十分に理解
致します。 もしも我が家の出来事でしたら同じ様にショックは大きいし、鳥を憎いと感じる
事でしょうね。
でも、それでも、あとから改めて考え直してあげて下さい 鳥達は決して決して正当な理由も無
く巣を襲ったわけではありませんよね、鳥達も自分の巣の子供達の為に精一杯に一生懸命に餌を
求めて朝から夕方まで飛び回っているのです 勿論、我が家のアシナガバチさんの子供を全て食
べられてしまったのでは余りにも腹が立ちますが、それでもそれでも私ならば絶対に納得も出来
るし、理解も出来ます 何故ならば、それは自然界に於いての試練であるし宿命でもあるからで
す。 悲しくもこれこそが自然界の定めでもありますよね これは仕方が無い事なのです。

私は本当に本当に愛する巣が鳥達に襲われてしまった悔しさと無念な気持ちや鳥を憎いと感じる
気持ちは十分に十分に解ります 理解できます しかし、しかし、その気持ちを我慢して我慢し
て、鳥達の事を許して下さい 許す気持ちを持ってあげて下さいね。これは宿命で有り運命だっ
たのです。

それよりもそれよりも遥かに遥かに身勝手で憎いのは、何の正当な理由も根拠も無いのに蜂の巣
に殺虫剤を噴霧したりして殺して喜んでいる人々の存在です。 特に、巣を片っ端から殺して
それを自慢しているテレビ番組の中の人々 ※駆除の達人とか駆除の名人 とか言って生き物を
殺す事に快感を得たり自慢している者達! それこそが本当の悪で有り、憎むべき相手ですよね
仏教の世界の中では、十善戒という大切な言葉があります その中の筆頭に記されている言葉は
★不殺生 と言う3文字です 決して無暗に理由も無く生き物の命を奪ってはならないと言う最も
 大切な誓いの言葉です

鳥達は決して、そんな人間みたいな考えや気持ちで蜂の巣を襲う事はありませんからね だから
鳥達を許して下さいね これからも鳥達を愛してあげて下さい 
 

定期報告6

 投稿者:  投稿日:2019年 5月25日(土)18時45分40秒
編集済
  【外壁フタモン】一番上の写真
5月3日
引越しコアシ2018の板の裏に営巣開始し、二号室コアシの上で生活しています。
カビが生えていた板なので心配ですが順調です。
カラーボックスも営巣候補にしていたようですが、小屋を諦めきれなかったのですね。

【一号室フタモン】真ん中の写真
18時、帰ってきてくれました!
良かった~(。´Д⊂)

キアシ母蜂が二号室コアシの小屋を削っていました。(一番下の写真)
私のカメラは全然望遠撮影出来ないので見辛くて恐縮です。
先程、コガタスズメバチの母蜂が蜂蜜を飲みに来てくれました。
懐かしい羽音、会えて嬉しいです。
 

定期報告5

 投稿者:  投稿日:2019年 5月25日(土)18時27分24秒
  【大窓コアシ2019】一番上の写真
5月3日
大窓2018と違う場所ですが大窓に営巣開始。
ずーっっっとウロウロしていましたが、やっと巣を作ってくれました。

5月23日
真下のキャベツ畑で狩りをしていますが、ツバメに狙われているかも。
引越ししたくありませんが、風と鳥の脅威を考慮すると仕方ないかも…。


【ランドリーセグロ】
5月3日
ランドリーラック三段目にセグロが営巣開始。
ランドリーセグロは柱を作れず大苦戦。

5月5日
あまりにも苦戦しているのでランドリーラック三段目を改造するも気に入ってくれず、二段目に営巣開始。

5月6日
ランドリーセグロは大苦戦の末、ここでの営巣を諦めてしまいました…。
せっかく来てくれたのに彼女の望みを叶えられず、悔しくて申し訳ないです…。一緒に暮らしたかった…。


【屋根のコアシ】真ん中と一番下の写真
5月14日
屋根の下にコアシが営巣開始。

2つ巣を作っています。
どうなるか楽しみですが巣が大きくなったら鳥に殺されてしまいそうです。

コアシは他のアシナガバチに比べると常時羽根を開いて待機しています。
二号室コアシは私と距離が近いので警戒しているのかと思っていましたが、私と距離が遠い大窓コアシ2019と屋根コアシも羽根を開いているので警戒とは違う意味もあるのかもしれませんね。
羽根を開いているせいで大きく見えるので遠くに巣があってもすぐに分かります。
 

定期報告4

 投稿者:  投稿日:2019年 5月25日(土)18時11分50秒
  【カラーボックスフタモン】
5月2日
カラーボックスフタモンの落ちた巣を元の場所に接着してみたら、なんと戻って来てくれました!
放棄モードでしたのに珍しいこともあるものですね。

5月16日
カラーボックスフタモン帰宅せず。
今日まで帰ってこないので亡くなってしまったのでしょうね…。悔しい…。
 

定期報告3

 投稿者:  投稿日:2019年 5月25日(土)17時37分17秒
  【二号室コアシ(昨年の引越コアシ部屋)】
5月1日
6日空きましたが無事に帰宅。
幼虫も大きく育っていて順調です。
小屋で暮らしてくれるのは嬉しいのですが手前に巣があるので撮影しづらくて残念です。

5月25日
廃巣となったコアシの巣を任せたところ、面倒を見てくれるそうです。
自分の巣と他の巣を連結して拡張しないので写真のように設置しました。
義理の娘達が全員羽化したら下の巣を撤去します。
今現在、自分の巣ではなく下の巣でくつろいでいます。
 

定期報告2

 投稿者:  投稿日:2019年 5月25日(土)17時29分48秒
  【セグロ】
今日の6時まで本当に順調でした。
時間に余裕をもって行動し必ず帰宅できた賢い子。
彼女は子孫を残せる子だと思っていましたが、今日9時10分に会いに行ったら巣が無くなって、母蜂もいなくなっていました…。
無風で巣の柱も頑丈でしたので、原因は風ではありません。
100%鳥です。オオスズメバチちゃんではなさそうです。(オオスズメちゃんなら憎く思わずに済んだのですが…)
キッチンコアシも風ではなく鳥に襲われたのかも。
巣がボロボロになって幼虫は全滅。
カラスならもっと巣が壊れていそうなので、燕、ヒヨドリ、スズメか…。
もう鳥を好きになれません。無慈悲に蜂を殺す人間と同じくらい鳥が憎いです。二度と我が家の庭を自由にさせたくありません。
追い払ったら可哀相などと思った私が馬鹿でした。
その結果、セグロを死なせてしまった。

鳥避けと蜂の保護は両立が難しいのも事実です。
ワイヤーネットは蜂も嫌がります…。
余計なことかもと手をこまねいた結果にしても酷すぎる現実です。
セグロが死ななければならないほど私は悪いことをしたのか…。
ごめんね、セグロ。
 

定期報告1

 投稿者:  投稿日:2019年 5月25日(土)17時21分37秒
  ハッチ先生、こんにちは!
アサギマダラさん、どんな子か調べてみましたがとても素敵ですね!
あさぎ色も美しく、台湾辺りまで旅に出るなんて!

野菜を育てるのは難しいですね。
ナメクジは白菜が大好物みたいで他の野菜に目もくれず食べ続けています。
ダンゴムシはメロンの葉を好むようでよく食べています。

ああ…、ハッチ先生と暮らすセグロさん達も試練がふりかかっているのですね。
3巣も…寂しいです…。
観察しやすい場所の子は特に悔やまれますね。

去年、9巣のセグロさんが激減してしまったとお話を伺って以来、その衝撃を一日も忘れたことはありません。
犬や金魚の死がいつも、どんな時でも心にあるのと同じように。
生態系の王者とはいえ厳し過ぎます。
去年、我が家はフタモン1、コアシ3でしたが娘が羽化するまで全ての母蜂が無事だったことは本来有り得ないくらいの奇跡だったのでしょうね。


今年は鳥が多くて虫が脅威に晒されています。
特にツバメの参入は大変痛い。
ツバメは人間と車が常に行き交う場所に営巣するのですが、何故か我が家の玄関に来そうだったので人道的に追い払いました。
燕は危険です。虫を狩る天才です。
強風に晒されているのは毎年のことですが、鳥がもたらす害を阻止することも考慮しなければならなくなりました。


【一号室フタモン(昨年のフタモン部屋)】
5月1日
6日空きましたが無事に帰宅。
この子は鳥避けがあると巣に帰れないので、鳥避けを撤去しました。
蜘蛛の巣と勘違いしているのかも。

5月25日17時10分
帰ってきていません…。
非常にまずい…。
 

試練の時期ですね

 投稿者:ハッチ  投稿日:2019年 5月 8日(水)07時52分24秒
  この時期、女王蜂単独で巣を営む時期は大変に色々な試練を乗り越えなければなりません
最初の産卵が始まってから最初の働き蜂が産まれて来るまで約60日間、それまで女王蜂一匹で
様々な困難を乗り越えながら毎日毎日を過ごさなければなりません 大変な大変な試練が待ってます。

今年の今現在までの我が家での営巣数は8巣を確認出来ましたが、今日今現在までに既に3巣が
ハチが戻って来なくなりました、何か事故に遭遇したのでしょうね、とてもとても残念です。
特にその中の2巣に関しては凄く観察しやすい良い場所に営巣してくれたので毎日の観察適巣として
カメラとビデオを固定設置して記録を撮っていた巣立ったので特に特にショックが大きくて落胆
しています。 まだまだ残った巣も6巣在りますが決して安心はできませんね
去年の結果が、全部で9巣の営巣が最後まで無事に育った巣が2巣だけでしたから本当に試練です

御互いに今後の巣の無事を祈りながら過ごしましょうね スズメバチの初飛来の確認が出来ました
しかし、大変に大変に数が少なくて今のところ過去最低の確認数です。
 

/68