投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


幼虫は順調、調達活動をしないコアシ

 投稿者:  投稿日:2018年 6月 9日(土)19時25分18秒
  ハッチ先生、こんばんわ!

一時保護中のコアシですが、幼虫はよく育っており、5つ繭になりました(^^)
心配だった、とても小さい幼虫への食事は、思いのほか順調で、日に日に大きくなり、
元々大きい幼虫は、更に大きくなっております。

しかし、大きくなりすぎて、幼虫が部屋からはみ出してしまいました。
コアシは、幼虫の面倒や部屋の掃除をしてくれるのですが、ずーっと巣にしがみついていて、水や巣材の調達には行きません。

コアシの部屋が狭いのかと思い、今朝、大きな虫かごへ引越しさせました。
コアシが充分に飛べる広さを確保できましたが、調達に行く気は無いようです。
(明日、メールで写真を送りますね)

コアシが調達行動をとらない理由は何でしょうか?
紫外線が足りないから?
かごに閉じ込めているから?

難しいですね…。
 

引っ越コアシ

 投稿者:  投稿日:2018年 6月 1日(金)20時47分25秒
  元の巣と新居の距離は10mです。
今日、ハッチ先生に良い報告をできると思い、楽しみにしていたのですが、現実は甘くはありませんね…。

新居から元の巣へ直行できる理由は…、

★元々、我が家全体を仕事場にしていたので、土地勘がある。

★元の場所から新居へ引越しする際、割り箸に接着した巣にコアシを乗せて、道を歩いて景色を見せた。

記憶飛行を行っていないと思う理由は、飛び立つ際、決して振り返らないからです…。
本当に直行です。

玄関上のコアシは、一度も戻って来ることなく、速やかにキッチン下に営巣を開始したのに、
今回のコアシの執着心に驚いております。
 

コアシさんは

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 6月 1日(金)20時17分12秒
  凄く凄くいい感じで成功だと思ったのに、それでもどうしても元の場所に戻るとはねえ、意外です
もしも、本当に可能でしたらば働き蜂が産まれるまで室内での生活も有りかもですね。

参考までに、元の巣の場所と今の巣の場所との距離はどれくらい離れてますか?
それにしても絶対に記憶飛行を行わなければ決して新居には戻る事が出来ないのですが、何故??
記憶飛行を行わないのかねえ?? 相当に元の場所に執念か未練が残ってるみたいですね。
 

今日の引っ越コアシ

 投稿者:  投稿日:2018年 6月 1日(金)20時00分40秒
  ハッチ先生、お疲れ様です!

一昨日と昨日は、雨が降っていて、アシナガは全員、休んでおりました。

引越コアシは幼虫の面倒を見て、雨のため2日間、同じ場所に留まってくれた(柱の補強と蟻避けをした)ので、上手くいくかと思ったのですが……。

今日は、良い天気で暖かく、出勤日和。
彼女は、記憶飛行を行わずに、元の場所へ直行…(泣)。

しかし、巣を放棄している様子は無さそうで、元の場所に帰ると、
『家が無い?!家が無い?!』
と、すごく慌てます。
彼女の元の場所とは、近所の方の農作業道具置場で、付近では小学生が大騒ぎで遊んでいるので、
放置すれば、いずれ駆除されてしまう…。
(近所の方は、意地悪な方ではなく、蜂がいるのは構わないが巣は困る、という方です。コアシにも殺虫剤をかけずにいてくれました。)

元の場所で慌てているコアシを回収し、室内へ。
今は巣にしがみつき、良い子にしています。

元の場所での営巣はダメで、私の実力不足で新居を覚えてくれないので、働き蜂が誕生するまで、室内で生活させます…。

働き蜂が誕生したら、元の場所に帰らない可能性は上がるのでしょうか?
 

ありがとうございました

 投稿者:えりっく  投稿日:2018年 5月30日(水)22時31分16秒
  ハッチ先生。早速の返信ありがとうございました。
ハッチ先生の文とこちらのサイトを改めて読ませていただきました。
ハッチ先生のご指摘通り、私はスズメバチに対してかなり誤解していた部分がありました。

元々、虫嫌いでハエやクモもいるだけで嫌なのにスズメバチのような大きくて見るからに凶暴な蜂の存在は私にとって恐怖でしかありませんでした。
それにメディアの過剰な情報が追い打ちかけてスズメバチ=害虫となってしまい、飛んでいる姿を見るだけで不安と恐怖になっていました。

でも、ハッチ先生の文を読んでいくうちにスズメバチだからと過剰に意識する必要はないと思うようになりました。彼女たちだって農作物の害虫駆除のためにいないと困る存在だし、約一年の短い命の間に健気に次の命につなぐために生きていると思うとむやみに敵視できないなと。
住宅地で見かけるようになったのも結局山で生活するのが難しくなってきたからなんですね。

今後は私の家に巣を作らない限り、姿があっても静かに様子を見ていこうと思います。

この度はありがとうございました。
また、何かありましたらご相談よろしくお願いします。
 

えりっくさんへ

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 5月30日(水)18時38分24秒
編集済
  こちらこそ初めまして 文面から察するに相当にスズメバチが苦手みたいですね、勿論最も当たり前
の気持ちと思います。

でも現実は少し誤解もあるみたいです 決して決して決して全てのスズメバチの仲間は、
えりっくさんの考えてる様な獰猛で攻撃的で恐ろしい昆虫ではありませんよ。
特に今の時期に飛んでたりしてるハチは一切の例外無く全てが女王蜂なのです 女王蜂は大変に
温和な性質でして決して貴方達を刺しに飛んで来る事は皆無です スズメバチの体を無理やり
手で掴んだり強く叩いたりしない限りには絶対に刺す事はありません。

蜂が人を刺すには決定的な条件が無ければ絶対に人を襲ったり刺す事はありません その具体的
条件とは以下です。

★育児中の巣に於いて、極度に巣に接近した場合(巣から半径約3m以内)
★育児中の巣に於いて、巣に対して振動を与えた場合
★育児中の巣に於いて、巣に対して大きな体の動きを行った場合
★育児中の巣に於いて、巣に対して強い刺激臭等を与えた場合
★育児中の巣に於いて、巣に対して黒い色のフラッグ等を振り上げた場合

※以上の様に全ての全てのパターンで共通する事は育児中の巣に対しての刺激と言う事です
※つまり、全てのスズメバチは育児中の巣の中の子供の命を守る為にだけに人を襲う事があると
 言う本能が働く事によって人を刺す事があるのです。
※だから逆を言うと、育児中の巣に対して刺激さえ与えなければ決して決して決して全ての
 スズメバチは人を刺す事は皆無と言う事実です

◎但し、唯一の例外として以下の例も刺された実例として確認されていますので参考までに

★誤って、飛んでいる蜂に強く衝突してしまった 自転車やバイクを運転中に
★洗濯物に付いていた蜂の存在に気がつかずに部屋の中へ取り込んでしまい蜂の体に直接触れて
 しまって刺された
★知らぬ間に靴の中に入っていた

以上が具体的な例ですので十分に注意が必要ですが、特に特に特に良く熟知して頂きたい事は
決して決して決して全てのスズメバチは貴方の思っている様な攻撃的で獰猛な昆虫では無いと
言う事実です。
ですから是非とも助言したい事は、余りにも必要以上にスズメバチに対して恐怖心を持つ事は
無いと言う事です 近年に於いては特に特にテレビニュースや特番等で凄く極度に大げさに
スズメバチに対する恐怖心ばかりを植え付ける様な情報番組を多く見かけますが、これらの
殆ど全ては一部の駆除業者が仕事の量を増やして金儲けをする目的で視聴者に対して恐怖心を
植え付ける為に凄く大げさに騒いでいる事は事実なのです。

ところで全ての全国地域では確実に確実にスズメバチの生息数は激減しています 近年多く姿を
見るようになったと言う情報は明らかに誤報なのです スズメバチは決して増加してはいません
増加したのはスズメバチに対する情報番組だけです それによって今までは特に気にもならなか
った普通に飛んでいたスズメバチに対しても極度に気になってしまって結果的に多くなった様に
勘違いしているだけです

大変に長文になってしまいましたが。結論は、余り気にし過ぎなくても良いと言う事ですね
但し但し、営巣中の巣に遭遇した場合だけは特別に注意を要します 決して巣の半径約3m以内
には近寄ってはなりません スズメバチに対する注意点はそれだけです
普通に、ただ飛んでいるだけのスズメバチに対して恐怖心を抱く必要はありませんよ御安心願い
ます 本当に本当にスズメバチとはあなたの思っている様な獰猛な昆虫ではありませんよ

 

追伸

 投稿者:えりっく  投稿日:2018年 5月30日(水)16時57分44秒
  先ほどの記事の追加ですが、スズメバチが出る頻度が増えた原因に餌になる虫の増加でしょうか?
私の住まいは住宅地ですが近所に広い畑があり、そこの畑が去年から作る作物を増やしました。そのせいでしょうか?去年からスズメバチを見かけることが増えたと近所の人が言ってました。
去年はまだ私の周辺でスズメバチは見ませんでしたが、夏ぐらいからカメムシが増えたような気がしました。
 

困っています

 投稿者:えりっく  投稿日:2018年 5月30日(水)16時47分22秒
  ハッチ先生、初めまして。

最近、家の周辺でスズメバチと思われる大型の蜂に関する事柄が多発して困っています。

1.一週間前(5/20)の夕方、母が洗濯物にくっついていた蜂を踏み殺したので死骸を調べたらオレンジ色の蜂だった。仲間が来たら嫌だったので死骸はすぐに処分しました。

2.それから3日後、二階の換気扇からブーンと大きな蜂の羽音が聞こえた。その換気扇は年に数回程度しか使わないから蜂に入られたと思い、換気扇を回しながら何度も殺虫剤をかけた。
換気扇は夜寝る直前までずっと回し続けました。それから今日まで換気扇から羽音はせず。
換気扇はその日から毎日、起きてから寝るまで回すようにしている。

3.それから数日後、二階の自室にいたら換気口からブーンと大きな羽音が聞こえてきて、その羽音は私の部屋の窓まで聞こえてきて大きな蜂の姿があったので、網戸越しに殺虫剤をまいたら遠くに逃げていった。

4.5/27朝、母がバルコニーで洗濯物を干していたらオレンジ色の大きな蜂(たぶんスズメバチ)が大きな羽音をさせて飛び、母の近くに止まった。母はじっとしていたら、その蜂はどこか遠くに飛んで行った。

5.今日の早朝、二階の母の寝室の換気口からブーンと大きな羽音が響き、その音で母が目を覚めた。換気口の中に入ったのかと換気口に殺虫剤をまいても羽音はせず。
その後、私もバルコニーからすぐそばにある母の寝室の換気口に外から殺虫剤をまくが羽音はしない。

6.今日の15時頃、母が一階の台所の換気扇からブーンと羽音が聞こえたそうで、外に出て換気扇を見に行ったら蜂が入っている様子はない。ついでに家の裏を見たが蜂の巣や姿はなかった。

去年まではスズメバチと思われる蜂は飛んでいる姿はたまに見かける程度でしたが、今回のように5月からしかもこんなにしつこく出るのは初めてなので不安です。
近所の人に聞いたら、同じような蜂を一匹見かけているとのことです。
私の家の換気口を見たらスズメバチが入るのには幅が狭いので、外でそこに止まっているだけでも羽音が大きく響くのだと思います。

私の住まいは北海道です。
もし、この蜂がスズメバチなら巣を作ろうとしている女王蜂でしょうか?
巣作りの場所を探しているのでしょうか?それとも近くに巣があるのでしょうか?

インターネットでスズメバチを調べたら木酢液の臭いが嫌いなようで実際5/27の蜂遭遇後、バルコニーに木酢液を置いたら母曰くバルコニーで蜂に遭遇することがなくなったそうです。

長文失礼しました。
 

コアシさんの詳細有難うございます

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 5月29日(火)21時23分49秒
  それですと成功の可能性が高いです 明日が楽しみです
広めの容器は無用です 室内での生活は不適ですので外のままで結構ですよ
 

巣の引っ越し

 投稿者:  投稿日:2018年 5月29日(火)20時12分35秒
  ご返信下さり、ありがとうございます(^^)

★巣の周りの点検→していないかも

★部屋の点検→していて、10分以上留まっていた

★記憶飛行→していないかも。元の巣に直行している。

★新居の場所→去年、コアシが営巣した場所(木箱)ですが、手前に巣を置いたため、雨が当たると判断したかも

★位置や向き→去年の子が暮らしていたため、障害は無さそうで、広さも充分だと思う

★巣の大きさ→他のコアシと比べると、遅れていると思いますが、大きな幼虫が4頭います

★巣は壊れていない

★幼虫は、元気だと思います。犬にあげる缶詰をあげたら、よく食べました

★他の蜂→キッチン下のコアシが飛んでいる
★蟻→トビイロケアリがいるものの、襲われる環境では無さそう

★引越し前後の距離→近い。


今は巣にしがみついて、良い子にしています。

広めの容器を用意して、暫く室内で生活させた方が宜しいでしょうか?
引越しは難しいですね…。
 

/63