投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 6月27日(水)23時46分58秒
  かなりの苦しい決断ですね 十分過ぎるほどに気持ちを察します
確かに最後の手段としては良い手段かなと思います 女王蜂は温和ですので網で捕獲する
位ならば刺される心配も少ないでしょう 更にこんな時期からでも新たに新天地で営巣の
可能性は有りますよ。働き蜂は育児中の現役巣が無ければ決して長生きは出来ませんから
助けても生きながらえる可能性は無いですので捕獲は可愛そうですが諦める事も考えてね

近県でしたら私が確実に保護できるのですが誠に残念ながら遠方過ぎて申し訳ございません
 

犠牲を最小限に抑える作戦

 投稿者:  投稿日:2018年 6月27日(水)21時54分48秒
  本当に、本当に彼女達が可哀相で…。
今日は初めてヒメスズメが来てくれて、とても嬉しかったのですが…、絶対に死ぬ未来しかないコガタを思うと、気分が晴れません…。

スズメバチの引越、そんなに難しいのですね…。
巣の下部の外被を壊す…、ヒメスズメのような巣の形にするということでしょうか?


しかし、お話を伺う限り、引越の成功は絶望的ですね…。

・巣が上部だけでなく、側面も壁に接着してあるため、外せそうにない
・働き蜂が出勤している
・防護服の入手が困難
・引越前後の距離が近すぎる
・ベランダなので、室内に入らなければならず、的確且つ速やかに作業を行う必要がある(これが一番無理です…)


コガタちゃんにしてみれば、酷いことをするのに変わりは無いのは承知なのですが…、これは犠牲を最小限に抑える作戦です。
今の巣を完全に諦め、我が家に蜂蜜を飲みに来る母蜂と娘を捕獲し、遠くに離すのは如何でしょう?
離す場所はキイロスズが巨大な巣を創っても、誰も何も言わない場所です。

今生きている幼虫と、出勤準備中の働き蜂を見殺しにすることになりますが、全滅よりは良いのではないかと考えました…。

今から営巣しても間に合いませんが、殺虫剤で無慈悲に殺されるよりは良いのではないでしょうか…?

捕獲時に、暖かい時期なので刺されるかもしれませんが、一向に構いません。
母蜂と娘一頭のみ救出作戦、ハッチ先生はどう思われますか?
 

そのコガタの巣は

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 6月27日(水)21時02分19秒
  スズメバチの仲間に関してはアシナガバチの様には簡単に引越しは成功しませんねえ
スズメバチの親蜂(女王蜂)は、とても警戒心が強く少しでも巣の位置や環境が変わると極端に
敏感に反応してしまい、殆ど100%に近い確率で記憶飛行を行いません、しかし稀に記憶飛
行を行う事もありますが、それでも巣に戻る事は殆どありません。 つまり間違い無く元の場
所に戻ってしまうと言う事です。 ※アシナガバチよりも確実に引越しは難しいのが現実です


勿論、私自身は過去に数例の成功例がありますが、それでも既に働き蜂の産まれている巣の引
っ越となれば防護服が無ければ間違い無く刺されてしまいます。
例え防護服を手に入れて作業を行って巣を持ち帰ったとしても、その巣に親蜂を定着させる事
は余りにも大変な事で豊富な経験を要します。
あえて最重要ポイントを申しますと、巣を持ち帰って新居場所に巣を固定する時に、巣の下部
の外被だけを取り壊して蛹室を露出させてやり、巣の位置が変わった事を認識させます、その
後に蜂を解放してやるのですが、必ず当日の日中に放してやります、夕方前や翌朝一番で放す
と先ず巣には二度と帰って来ません。

ただ、何れにしても余りにも引越し前と引越し後の距離が近過ぎるので成功率は0%に近いで
しょう。スズメバチの巣の引っ越しは最低でも1キロ以上離れた場所で無ければ何度でも元の
巣の場所に戻ってしまうでしょう。

本当はスズメバチの仲間は大変に温厚で平和主義者なのですが、近年の一方的な悪者扱いした
テレビ番組の影響で本当に可愛そうな運命を辿っている事が残念でたまりませんね。
弘法大師の言葉 全ての生き物に対して(不殺生)を本気で考えて頂きたいです

 
 

コガタスズの保護、諦めるしかない?

 投稿者:  投稿日:2018年 6月27日(水)16時43分30秒
  ハッチ先生、こんにちわ(^^)
我が家のアシナガは皆、順調に日々を過ごしています。

今日はコガタスズメバチについて相談です…。
最近、我が家の庭に仕事に来てくれるようになったコガタちゃん。
蜂蜜を飲み、帰る彼女を目で追っていると、隣の家のベランダに帰るのです…。
まさかと思い、庭からそのベランダを見てみると…、巣がありました…。
どうして私の家では無く、隣の家を選んでしまったのか…。

働き蜂も一緒に我が家に来ていて、既に巣はとっくり状ではなく、丸い状態です。

お隣さんも夜中に他人を家に入れるのは嫌でしょうし、保護するなら昼間しかないわけですが……、
昼間に働き蜂がいる状態でスズメバチを保護できるのでしょうか…?
しっかり壁に巣が付いているので、アシナガのように保護できないのは明白です…。

私は、殺される彼女達を見殺しにするしかないのでしょうか…?

もちろん、刺されて大怪我をしても私の責任です。
もし、昼間に保護できる方法がございましたら、教えて頂けましたら幸いです。
 

アシナガバチのテレビ番組

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 6月22日(金)19時19分47秒
  明日、23日土曜日の朝 NHK教育番組でアシナガバチ関係の番組が放送されます
番組は2週連続でして、再放送も予定されています ※詳細は番組ホームページで
http://www4.nhk.or.jp/munyan/x/2018-06-23/31/2378/1565545/

因みに動画映像提供と情報提供の一部を日本スズメバチ研究所も協力させて頂いてます
※動画提供は当方販売中ビデオ(あしなが家族の一生)より
 

近況報告

 投稿者:  投稿日:2018年 6月20日(水)19時57分22秒
編集済
  うまく撮れておらず、申し訳ないですm(_ _)m

【フタモン】
久々に差し入れを持って行ったら、母蜂と幼虫は沢山飲んでくれました。

【キッチンコアシ】
更に羽化し、娘が四頭もいます。
支柱が弱そうで、風が吹くと少し揺れるので、補強してやろうと思ったのですが、
指と支柱まで、あと4mm程の距離で、娘が触覚を動かしたので、やめておきました。
皆、元気そうです。

【大窓コアシ】
母蜂が帰宅していません…。
今、大きな幼虫が糸を紡ぎ、蛹化の準備をしています。
小さな幼虫が3頭、それ以外は繭です。
小雨になった時に出掛けて、気温が下がって帰って来られなくなったのだろうか…。
何処かで野宿をしていれば良いのですが…。

【引越しコアシ】
こちらこそ彼女達の成長報告をさせて下さいm(_ _)m
最初に産まれたのは、彼女の娘ではなく、廃巣(母蜂死亡)になった方の子です。
小屋を覗けず未確認なので、雄蜂がどちらの巣から産まれたのかは分かりません…。
無事に産まれて良かった、ありがとう…と言いたいのは山々なのですが、蜂の生態を考慮すると、あまり喜ばしいことではないのが、つらいところですね。

もし、彼女が交尾をせずに越冬した固体なら、一族繁栄の未来が潰えてしまう…。
不安です。

大窓コアシは帰ってこない、雄蜂が産まれてしまう、一難去って、また一難とはこのことですね。
食物連鎖の頂点に君臨しているとはいえ、一族繁栄の道が厳し過ぎます…。
蟻のように器用でも無ければ、スズメバチのように強くも無いアシナガバチを気の毒に思います。

大窓コアシ、帰って来ますように!!!!!!
 

画像有難うございます

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 6月20日(水)11時16分15秒
  やっと戻りましたか 良かったですね、一度でも引越し後の巣に戻ると成功と言えるでしょうね
画像を送って頂いて巣の様子が良くわかって大変参考になります どの巣も良く育っている様子です

ただ、こんな時期から雄蜂が産まれるとはとても不思議ですねえ、どうしたのでしょうか??

最初に働き蜂達ばかりが産まれて来て、その後に早い時期に女王蜂が死んでしまうと次からは
雄蜂が産まれるのですが、最初に産まれた蜂が雄蜂とはとても不思議でなりませんねえ
偶然にも無精卵だったのか? この次から産まれて来る蜂達の性別が大変に気になります もしも
宜しければ今後の経過を是非ともお知らせ頂ければ幸いです。
 

追記

 投稿者:  投稿日:2018年 6月20日(水)10時43分10秒
  引っ越しコアシ
今日は、雨なので休日のようです。
昨日、羽化した子は雄蜂でした。
無精卵だった?
成長過程で性別が変わることは、あり得ませんよね?

先が不安です。
 

引っ越しは順調(*^^*)

 投稿者:  投稿日:2018年 6月19日(火)22時09分48秒
編集済
  ハッチ先生、お疲れ様です!
確かに、第一子は未だ本調子ではないようで、肉団子をつくる動作も、とても遅いです。
付きっきりで見ていられるのは、昨日だけだったので、心配でしたが引っ越しを致しました。
何だか部屋が寂しいです。

今日は朝から良い天気で、出勤した母蜂は、また元の場所でウロウロしていたので、私が出掛けるまでの間、3回連れ戻し、
もう見てやれないから諦めよう…、そんな気持ちで家を出ました。

帰宅後に、新居を覗いたら娘が一頭で留守番をしており、
やはり母蜂は帰ってこないのか…と悲しくなりましたが、
1時間後に覗いたら、なんと!母蜂が帰ってきていました\(^o^)/

嬉しい!
合計10回連れ戻して、11回目でやっと帰ってきてくれました!

やはり娘の羽化が、母蜂帰宅に貢献したのでしょうか。
以前の営巣場所に強く執着する子は、根気強く連れ戻さないといけないようですね。


我が家の近況
フタモン…一番巣が大きく、繭も幼虫も多いのですが、未だ羽化せず。大丈夫かな…。

大窓コアシ…母蜂が帰ってきているか心配ですが、一頭だけ巣におります。

キッチンコアシ…三頭も羽化し、最初の娘が飛行の練習と、周囲の物を確認していて可愛いです。

引越しコアシ…出勤11回目で、やっと新居に帰宅。
先程、もう一頭羽化!
明日も帰ってきてくれると良いなぁ。

http://

 

取り敢えず安心ですね

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 6月17日(日)08時25分32秒
  羽化したばかりの働き蜂は、普通でも4日目位にならなければ巣の外へ出掛けて仕事をする事が
ありませんので、もしも外へ巣を出して放すのならば、もう少し経ってからでも良いですよ
是非とも是非とも成功を祈ります。 帰って来るように!
 

/66