投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


女王バチ

 投稿者:おこりんぼお  投稿日:2018年 4月 4日(水)15時04分44秒
  初めまして、はじめて投稿させて頂きます。本日仕事をしていて、ふと、地面(工場土間)に
一匹のスズメバチが!種類は分かりませんが、多分女王バチだと思います。
ここ2,3日急に暖かくなって冬眠から目覚め、出て来たのだと・・・
少し観察しながら仕事していたのですが、どうにも邪魔と言うか?気になって仕方ありません。
このまま放っておけばどこかへ飛んで行くでしょうか?そっと何かに乗せて田畑に放しても
いいでしょうか?謝って踏んでしまいそうです。
 

アシナガバチの巣作りに関して

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 3月30日(金)20時43分31秒
  こちらこそ初めまして、とても興味深くて気になる不思議な行動でしょう
勿論、通常ですと春冬眠から目覚めた女王蜂は単独で営巣場所を探し適当な場所を決めると
直ぐに女王蜂一匹によって巣作りが開始される事は良く知られている事です。

しかしながら稀にアシナガバチの場合では複数の女王蜂によって一つの巣を営む行動が知られて
ます。 はっきりした理由は未だに不明ですが昨年度の同じ巣から生まれて来た同じ血筋の女王
と考えられますが、全く他の巣から生まれ育った女王蜂でも同じ巣を営む事だって十分に考えら
れます。とても興味深い行動ですが私自身も何度も確認例があります

何れにしてもとても不思議な行動ですが、その後の巣の営みでは複数での営巣の場合ですと殆ど
の場合では女王蜂同士の中で最も優位に君臨する一匹の女王蜂が存在し、実際の産卵でもその
最優位に立った者だけが産卵する事が知られています。
普通、その後には最優位に立った一匹だけが残って巣を営み続け、他の蜂はやがて解散します。

又、まだまだ最初期の時期の行動ですので実際の営巣時には、それぞれがバラバラになって行動
し、営巣もそれぞれに別の場所に行う可能性が最も大ですのでその後の観察もお勧めです。
自然界の法則では、全てのアシナガバチ類の仲間は、単独で一つの巣を営み自分だけのDNAを子孫
に残す事が最大の目的ですから生態的には異常な行動と考えます。

何れにしても、今後の様子を観察してみて下さい! 優位に立った女王蜂の行動や他の蜂の観察
をしていると色々なアシナガバチの不思議な行動がみられてしても面白いですよ。
 

(無題)

 投稿者:アシナガバチ  投稿日:2018年 3月30日(金)17時45分34秒
  はじめまして
家の近くに毎年アシナガバチが巣を作る場所があります。毎年巣作りを観察していて例年は一匹女王蜂が来て1つ巣を作るのですが今年は同じ場所に五匹ほど集まってなにやらやっています。
場所がいいのかな?と思ってはいますがこのようなことはよくあることなのでしょうか?
 

こちらこそ久しぶりです

 投稿者:ハッチ  投稿日:2018年 3月 8日(木)17時33分31秒
  大変興味深い情報を頂けて有難うございます 早速ネットで検索してあらすじを読んでみました
凄く興味をそそられる内容みたいですね! 素敵な情報を有難うございます 読んでみます
 

オヒサです。

 投稿者:みの  投稿日:2018年 3月 8日(木)12時55分12秒
  この本凄いです。
 

あのオオスズは

 投稿者:ハッチ  投稿日:2017年10月28日(土)08時28分59秒
  意外にも遅くまでハチが出入り続けていたのですねえ こうなると真相が気になるところですねえ
普通、正常なオオスズ巣の場合では11月一杯まで活動しているのでスコープの投入は危険ですが
巣の有無さえ判らない状況ですので絶対的安全を考えてとりあえず11月に入ってからハチの出入り
が完全に無くなった事を確認してからの方が良いと思います。私も中がとても気になります
 

お久しぶりです。

 投稿者:ほっけ  投稿日:2017年10月28日(土)02時07分59秒
  結局あれ以降もオオスズメバチは出没し続け、10月一週までは特に変わらぬ様子で出入りしていましたが、寒くなって全く見なくなりました。
なんだったんでしょうね?
穴にエンドスコープ突っ込んでみようと思っていますが、いつごろになれば100%安全でしょうか?
あの光景を見ているので棒を突っ込むのは勇気要りますが、何があったのかは少なくともわかるかもしれませんので。
またよかったら知識をお貸しください。
 

飛べないキイロスズメ

 投稿者:  投稿日:2017年10月25日(水)01時06分12秒
  ハッチ先生、ご返信をありがとうございます(^^)

お尻が大きくて、おとなしいので、もしかしたら雄蜂かもしれません。
触覚は、それほど長いようには見えませんが、明日、写真を撮れそうでしたら撮ってみますね。
外に保護部屋を置いているので、覗きに行ったら良い子にしていました。
顔をあげ、ゆったり触覚を動かしていて、ものすごく可愛いです。

働き蜂、雄蜂、新女王、いずれにしても巣に帰って今まで通りの生活という訳にはいかないのですね…。
あの子の使命を果たせるよう、何か手伝えれば嬉しく思います。


120日!すごいですね!
温度と湿度の管理がとても難しそうですが、大切に育てていらっしゃったからこそ、長生きできたのでしょうね。

カブト君、新年を迎えられると良いですね。


蜂を誤解していない人間が、積極的に蜂に協力しないと、蜂は絶滅してしまうのではないかと、強く危惧しています。
蜂のために何か出来れば幸いです(>_<)
 

そのキイロは?

 投稿者:ハッチ  投稿日:2017年10月24日(火)23時00分0秒
  もしも解れば、そのキイロは働き蜂か雄蜂かわかりませんか? 画像が有れば大変に助かりますが
触角の形状でも簡単に判断出来ます。

もしも働き蜂でしたら、今の時期ですと殆どの場合で寿命がきていて一度体力を落としてしまうと
残念ながら巣には戻る事無く死んでしまうのが蜂の世界の運命です。この時期のキイロの巣の内部
では育児の最終章に入っていて既にこの時期から新しく生まれて来る働き蜂はいません。
それよりか殆ど毎日に至っては次々と働き蜂達は寿命によりどんどん減少している時期なのです
その為、巣の内部はオスバチと新女王蜂で一杯でして11月に入ると働き蜂の数は激減してしまい
ます。

もしも、その保護したハチが雄蜂か新女王蜂でしたら少し温度を上げてやると活発になりますが
その本能により決して巣に戻る事はありませんので飛び去ったらば温かく見守ってやって下さい

働き蜂でしたら大変に可愛そうなのですが、これも自然界の運命でして、暖かくして餌を与えて
大切に保護してあげても再び巣に戻って今までどおりの暮らしに戻る事は無いと考えます。

但し、私の過去の経験上では、このような働き蜂をプラ容器の中で蜜を与えて飼育して働き蜂の
寿命としては最高記録の120日生かした記録を持ってます。 この場合は寒くても暖房を使用せず
に低温で飼育すると新陳代謝が進まないので寿命を延ばす事が出来ました 結局、2月まで生きて
ました。 ※無暖房の室温で飼育 ※餌はリンゴ果汁に蜂蜜を加える

蜂では無くてカブトムシの話ですが、今現在我が家には夏に入手したカブトムシの雄が一匹居ます
が、今日現在まだ元気に生きてます。 ※勿論、普通の日本のカブトムシの話ですが
クリスマスまで生かす事が目標です とても愛情を抱いていてまして可愛くてたまりません。
全ての野生生物は愛情をもって飼育してやるととても長生きしますよ! 但し、過保護飼育は絶対
に長生きはしません、過保護は必ず新陳代謝を活発にし過ぎてしまい結果的に短命に終わります

貴方はとても自然を愛す素敵な方ですね  ★ 一人でも多く心の芯から自然を愛す人に巡り会い
たいです。




 

飛べないキイロスズメ

 投稿者:  投稿日:2017年10月24日(火)21時41分35秒
  はっち先生、こんばんわ!
スズメバチの視力について伺いたいことがあり、文章をまとめていたら、
前回の投稿から、すっかり日が開いてしまいましたm(_ _)m


今回はキイロスズについてです。
今日はキイロスズ2匹が来てくれて、
コガタにいじめられながらも、負けずに蜂蜜を飲んでいました。

しかし、1匹のキイロが飛べなくなってしまいました。
蜂蜜が羽に付いてしまったのか、コガタに噛まれたのかは、わかりません。

暗くなっても、帰れずに縮こまっていたので、保護しました。
(栄養ドリンクの箱の内部に緩衝材を貼り、出入りが出来るように入口を開けて、保護部屋を作ったので、
そこにキイロを入れました。)

巣に帰れるようにしたいのですが、
キイロのために出来ることは、何かありますか?

お時間のある時で構いませんので、教えて頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。m(_ _)m
 

/66